こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【Kubernetes】④私はこうして勉強した!CKA試験超ざっくりな勉強編

こばじです。

今回の記事は、

Certified Kubernetes Administrator(CKA)試験の体験記です。




目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡在住でIT企業勤務の20代です。

関連記事

合格体験記シリーズ一覧を以下の記事にまとめています。

CKAとは何?という説明なども記載していますので、

よかったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

CKA

Certified Kubernetes Administratorという試験です。

Kubernetesというのは、IT業界の一部領域で使われているソフトウェアです。

クラウドなどと相性が良いものです。

CKA試験は、インターネット上で実施される試験です。

勉強前の、自分のKubernetesスキル

Kubernetesについては業務で軽く触れる程度でした。



Kubernetesを勉強している方であれば常識かもしれない用語、

「Deployment」「Service」などの名前は知っているものの、

どういうものなのかよくわからない状況です。



また、「Pod」が最小単位であるということは知っているものの、

それがどういうことを指すのかを知りません

(これはのちに勉強して、PodがKubernetesで扱う最小単位、

具体的には作成したり更新したり削除したりは、Pod単位で実施するということを知りました)。



さらに定義ファイルの読み方は知っているものの、書き方を知らない。

kubectlコマンドをkコマンドにするaliasがあることを知らない。

そういった状況でした。

早速申し込んだ

受験することを失念していて、思い出したのが2022年8月頭。

そして上司から言われたのが「2022年8月31日までに受験してください」とのこと。

そのことは以下の記事でも書かれていますので、よかったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com



受験することを思い出してから、すぐに申し込みます。

気になるお値段は、試験とe-Learning合わせて81,250円(2022年9月現在の価格)とのことです。



ただ、

当時は半額キャンペーン

で、試験とe-Learning合わせて40,000円程度で購入しました。



いつでも良いから受験する!という方は、

この時期を見計らってもよいかもしれませんね^^



ちなみにこの試験は、米国のテストであり、

最近の円安を受けて価格が変わっていることもありえます。

最新はこちらをご参照ください↓↓

k8s.stores.jp

計画を立てる。Udemyを使って勉強することを決めた!

さて、試験とe-Learningを申し込んだものの、

どうやって勉強すればよいか迷っていました。



そこで色々と調べ、

Udemyの以下講座を受講して

勉強することに決めました↓↓

www.udemy.com

Udemyというのは、自分のPCやスマホでe-Learningができるプラットフォームです。

色々調べたっていうのは?


あれ?e-Learningは?


Udemyでどうやって勉強したの?

という声が聞こえてくるかもしれません。

その具体的な話は次の記事に送りますね^^

まとめ

  • CKAを受験料半額で受験できた
  • Udemyを使って学習することに決めた
  • 詳細は次の記事で!

おわりに

今回は半額で試験を申し込み、

学習手段としてUdemyを選択したところまでを紹介しました。

皆さまは、お得に受験できた思い出などありますか?

是非コメントで教えてください^^



感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!