こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【Kubernetes】⓪クラウド資格、CKA(Certified Kubernetes Administrator)試験に合格した!!

こばじです。

多忙すぎる時期が終わりました!

今日からまた今まで通りのブログに復帰です^^

以下記事でお伝えした試験が無事終わり、

また無事合格したので、その報告です↓↓

kobaji.hatenablog.com

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡在住でIT企業勤務の20代です。

1年のうち90%以上は自宅でテレワークしています。

試験勉強に明け暮れる日々だった

上述の記事でもお伝えしているとおり、

8月いっぱいは、試験勉強に明け暮れる日々を送っていました。

CKAに合格

さて本題です。

この度、1ヶ月間勉強を頑張った

CKAの資格試験に合格しました!



CKAというのは、

Certified Kubernetes Administratorの略です。

Kubernetesというのは、クラウドでよく使われるソフトウェアのことです。



…ちょっと何言っているかわからない、という方は、

そういうIT業界の資格があるって思っていただければ十分です^^



この試験では、自宅や職場などで、

パソコンを使って、17問を2時間で解きます。

カメラをオンにして、画面の向こうにいる

試験監督に見られながら実施するものです。



合格ラインは正答率66%以上。2/3以上正解すれば合格ですね。

毎日2時間勉強しないと間に合わないと気付き、一生懸命勉強

試験勉強ではe-Learningを使っていたのですが、それが20時間かかる大物。

毎日2時間勉強しないと、間に合わない計算です。



業務に直結することもあり、業務時間も1時間ほど勉強に充てさせてくれました。

また、業務時間外も日々勉強です。

そんな日々を1ヶ月続けました。

ギリギリ合格か不合格か、といった試験日

そして8月31日。

いつもの自宅勤務とは違い、職場へ出社して試験を受けました。

17問のうち、4問は確実に不正解という状況です。



裏を返せば、17問のうち、13問は正答な気がしています。

ということは、単純計算で76%の正答率。

なんとか合格ラインは超えているように見えます。

しかし、問題の配点は7点のものや4点のものなど様々で、

確実に不正解の問題は7点問題ばかりでした。



ということで、受験後に思ったことは、

ギリギリ合格か、ギリギリ不合格のどちらか

ということです。

合格発表で大きくガッツポーズ!

合否判定は、受験後24時間以内にメールで届くシステムです。

今回は、受験後20時間程度で届きました。

メール冒頭に"Congratulation"の文字が!

というわけで

無事合格!

嬉しさのあまり、大きくガッツポーズをしました^^

合格後

まずは一緒に自宅にいる妻に報告しました。

そして

支えてくれてありがとう!

という感謝を伝えました、



またその晩は、

ご褒美とお疲れを込めて、

贅沢なスイーツ

を買って食べました!

まとめ

  • CKAの試験に合格した!
  • 毎日2時間の勉強を1ヶ月続けた!
  • 合格のご褒美に、妻と贅沢にスイーツを食べた!

おわりに

割と自己満な記事になったかもしれません。

こばじの部屋の記事を読んでくださる方にとって需要があるか不明ですが、

合格体験記や詳細な話なども記事にしていきたいと思います!



皆さまは一生懸命頑張った試験勉強などはありますか?

よかったらコメントで教えてください^^

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!