こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

私のピンチ!飛行機の乗り継ぎで焦った話

こばじです。

早速まいりましょう。

今週のお題「人生最大のピンチ」

というわけで、思いつく限りの

最大のピンチを書いてみます。

それは、社会人になる直前の私が経験した

上海、浦東(プドン)空港での乗り継ぎです。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

今回は、中国への旅行についての記事ですので、

それに関する前提情報も提供します。

こばじ、中国語がわからない

英語は日常会話レベル(TOEIC800点ちょっと)ですが、

中国語は你好と謝謝しか知らないです。

数字もまともにわかりません。

当時、国際線利用歴は4回

当時の国際線利用歴は4回です。

  • 成田から、ドバイ経由でイタリア
  • イタリアからフランス
  • 成田から台湾
  • 成田からドーハ経由でイギリス
  • およびそれらの復路

という状況でした。

たった55分の上海乗り継ぎで迷子

さて本題です。

この時は、成都を目的とした旅行をしていた時でした。

羽田空港を出発して、上海の浦東空港を経由し、

そこから成都へ向かう予定。

しかし浦東空港での乗り継ぎ時間が55分と短かったのです。

短かったこともあり、浦東空港で飛行機から降りたときには

成都行きの便に乗り継ぐ方はこちらへ!」という引率スタッフの声掛けがありました。

迷わずついていきます。

しかし、場所は上海の大きな空港

…はぐれてしまいました。

やばい!!!

(語彙力)

近くにいるスタッフに聞きます。

Excuse me, could you help me transit to Chengdu?
(すみません、成都行きの便への乗り継ぎを手伝ってくれませんか?)

しかしスタッフには伝わっていないようで、中国語で返事されてしまいました。

これではまずい!!!

チケットを提示して説明します。

それでなんとか、どこへ行けば良いかを身振り手振りで教えてもらいました。

(日本だと目的地まで案内してくれる気もするが…)

少し進んでスタッフに聞く、

そして進んではスタッフに聞く、…

それを繰り返し、保安検査締切直前に保安検査を通過しました。

(中国?上海?での乗り継ぎは、一旦保安検査を通過する必要があるようです)

本当、何とか間に合ってよかったです。

ちゃんちゃん。

…これで終わりで良かったのですが、

せっかくなのでおまけを入れておきます。

おまけ:なんとか間に合ったが、デジカメを…

保安検査締切に間に合い、そこからは搭乗口へ行けばよいだけです。

搭乗口名は数字とアルファベットだけで表されているので、中国語スキル皆無でもたどり着けます。

そして搭乗口へ着いて気付きました。

デジカメを保安検査場に忘れてしまったことに!

搭乗時刻締切までは時間があったので、

保安検査場に戻ります。

すかさず保安検査場のスタッフに聞きます。

しかし「ない」の一点張り。。。

結局諦めました。

おまけ:帰りに聞いたけれど見つからず

結局デジカメを諦め、成都に向かいました。

成都についてひと段落してから、

浦東空港に問い合わせメールを送りました。

数日して返信があり、わからないとのこと。

私の英語がわからなかったのか、

それともデジカメがあったのかわからなかったのか、

それもわかりませんでした。

要するに私もわかりませんでした。

そして帰国する際に、

浦東空港で時間があったので紛失物取扱所で確認しました。

案内所へ行き英語で相談するも、相手は英語がわからないらしい。

するとスタッフが電話をつなぎ、中国語で何か話し始めます。

数分後…、受話器を渡してきました。

電話口からは英語が聞こえてきます。

よかった!!!

  • どんなデジカメだったのか
  • いつ紛失したか
  • どこで紛失したか

これらを伝えました。

見つけたら連絡する、といただきました。

5年程度が経過しますが、まだ連絡は来ていません。

いつ来るかなぁ()

おまけ:なくしたのがデジカメでよかった

もし保安検査場で置いていったのが

パスポートや財布、スマホだったらと思うと、

おそろしくて仕方がありません。

デジカメ、数万するものだったので悲しいですが、

パスポートなどでなくてよかったです。

おまけ:飛行機間に合ってよかった

また、飛行機に間に合ってよかったです。

もし間に合っていなかったら、色々と手続きが大変ですからねぇ。

まとめ

  • ピンチ:中国旅行の乗り継ぎ中迷子になった
  • なんとか乗り継ぎに間に合った
  • しかしデジカメを紛失した
  • パスポートなどを紛失しなくてよかった

おわりに

旅にトラブルはつきもの。

そのとおりだなぁと感じた話でした。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!