こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【政治的な話です】皇室典範が男性優位を認めている?

こばじです。

先日、天皇制について調べてみました。

そのときに、この制度が男性優位な社会を作っていると考えることもできるのでは?と思ったので記事にしてみました。

私の記事にしては珍しく、

政治色の強いものになっていますので、

苦手な方はご注意ください。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

おことわり

政治色が強いこともあり、前もっていくつかおことわりをしています。

「こういう見方もできるかも」というものであり、個人の考えではないです。

この記事に書かれている考えは、

「こういう見方もできるかも」というものです。

組織や機関を代表するものでなければ、私個人の考えでもありません。

真面目に書いているとはいえ、エンタメとして捉えていただくくらいがちょうどよいかもしれません。

私は天皇制に反対していません。

天皇になりたくないのにならねばならない方々がいるなら、

それは非常にかわいそうだなぁとは思いますが、

制度を廃止すべき、とまでは思いません。

世の中を2つの性にとらえて記述しています。

私自身、性的少数者がいることを知っていますし、

そのような方々に対して肯定・否定等述べる資格はありません

(そもそも肯定とか否定とか述べることのできる偉い人はこの世にいません)。

ただ、この記事は「男性優位」を天皇という一つの側面から語るために、

2つの性で話を進めています。

違和感をぬぐえない方もいらっしゃるかと思いますがご容赦ください。

ご容赦いただけない場合はUターン願います。

建設的な意見はありがたいです。ただ、議論目的ではございません。

ここ大事です。

建設的と思われるご意見は是非いただきたいです。

その意図はもちろん、新たな価値観や視野を見つけたいためであって、

決して喧嘩したいだとか、論破したい(されたい)というものではございません^^

参考にしたURL

法律がまとまっている政府のページを参考にしました。

elaws.e-gov.go.jp

流石に法律は公的機関のサイトにまとまっているだろうと思っていましたが、

このサイトの存在は初めて知りました。

記事のきっかけ

たまたまTwitterで、天皇に関するツイートを見ました。

様々な意見がありましたが、主に以下のようなものです。

※これらは私の意見ではありません。

これらを見て、憲法や法律でどのように定められているのか気になったので、調べてみました。

また、自分なりに意見を持ってみました。

日本国憲法からわかる天皇

日本国憲法というのは、日本の中で1番守られるべきルールです。

いかなる法律、条例も、憲法に矛盾してはいけません。

憲法に矛盾する場合は、その法律や条例を改正する必要があります。

また、憲法を改正することもできますが、改正の条件は法律よりも厳しいです。

その日本国憲法には、天皇について次のことが書かれていました。

  • 第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
  • 第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

要するに、

  • 天皇っていうのは、日本を象徴する存在だよ
  • 天皇は同じ家系のものが継いでいくんだけど、その具体的なルールは別途「皇室典範」という法律で決めるよ

ということを語っています。

「日本を象徴する存在」を強調した理由は後でお分かりいただけると思います。

何はともあれ、具体的なことは「皇室典範」という法律で決めている以上、

そちらを見てみる必要があります。

皇室典範からわかる天皇

皇室典範を見てみました。

次のことがかかれています。

第一条 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。

要するに、男性、かつ男系だけが天皇になれるというわけです。

この条項が、男系天皇および男性天皇に限定しているわけですね。

「男系」「女系」とは?

男系という言葉がはっきりと出てきたので、ここで触れておきましょう。

男系というのは、家系で男性のみを通してみた血縁関係を指します。

下図で赤がついている血縁関係ですね。

男系

同様に、女性だけを見た血縁関係を女系と言います。

んで、天皇というのは、男系および男性に限定されるのです。

最初に生まれたのが女性、次に生まれたのが男性だとしても、

男性側の血縁関係(男系)に限定されます。

それが皇室典範です。

日本国憲法皇室典範を組み合わせると、男性優位のように見ることもできる?

これらを組み合わせると、

日本の象徴は男性です。女性は日本の象徴ではありません。

と理解することもできるように見えます。

そこから、言い過ぎかもしれませんが、以下のようにも捉えることもできるかもしれません。

男性が主で、女性は副です。

さらに、上記の捉え方をすると、憲法第14条(以下)などに反するとも言えるのでは?と見えてしまいます。

  • 第十四条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

性が異なる以上、まったく同じにはできません。

更衣室・化粧室・浴室を分けることがあれば、部屋を分けることもあります。

ただ、憲法で定めている日本の象徴、つまり日本の根本的かつ本質的部分において

性差が現れることには違和感がある、ということもできます。

仮にそうなら、悪しき伝統とも言えるのでは?

中には「確かに男性優位である。しかし男系天皇というのは伝統であり、変えてはいけない」

という意見もあるかと思います。

しかし、もしそれが意図的な不平等を生んでいるのであれば、

悪しき伝統であり変える勇気も必要だ、と考えることもできるかもしれません。

愛子さまが嫌がっているかも?…それは天皇制についての話。

また、中には

愛子さま天皇になりたくないかもよ?天皇にならない権利は?」

という意見もあるかともしれませんね。

ただこれは天皇制そのものの話であり、女性天皇ないし女系天皇の話ではないです。

私は、単純に女系・女系を認めればよいのでは?と考える

こばじさーん、あなたはどういう考えなの?

という声が聞こえてくるかもしれません。

ここまで来ると、どうすればよいと考えているのか書いた方がよさそうですね。

私は、女系天皇女性天皇も認めるのが良いと考えています。

これは憲法に矛盾しません。

そもそも個人的には、男系や男性に限定している皇室典範

憲法第14条に違反しているように見えます。

…とここまで書いてみましたが、「女系天皇 憲法14条」などでググると、

私よりもずっと知識や権威のある学者さんたちが、私と同じことを

私よりもずっと論理的に書かれているのを見つけてしまいました(笑)

まとめ

  • 日本国憲法では以下のことが書かれている。
  • 皇室典範には、皇位は皇統に属する男系の男子が継承することが書かれている。
  • 象徴である天皇が男性に限定されることが、男性優位と読み取ることもできるかもしれない

おわりに

初めてこのような政治色の強い記事を書きました。

天皇家は庶民と違いますし、今回のロジックが当てはめるのはむりやりかもしれません。

「こういった考え方もできるかもね」と捉えていただければ万々歳です。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!