こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【消費税率】25%増し?「率」のワナ

こばじです。

先日、ふと思いました。

消費税が8%から10%に上がるって、25%増しだなぁ

ということに。

数字に関して新しい認識に繋がれば嬉しく思い、

記事にしてみました。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

消費税の良し悪しを語る記事ではありません。

本記事では消費税を題材に語っています。

消費税が上がっていることなども触れていますが、事実を述べているにすぎません。

本記事は消費税賛成/反対などを語ったものではございません。

「率」のワナ

「率」というのは基本的に「%」のことを指します。

ということは、1/100のことです。

そのため、ちょっとしたワナがあります。

少し具体的にしましょう。

消費税率が8%から10%に増えたとき、

「2%増えた」と思うかもしれませんが、実は増えたのは2%ではありません。

8%× 125/100 = 10%なので、125%になった。25%増えた

の方が正確なのです。

25%増しです。

私が生まれたときから、消費税は333%に

さて、私が生まれた頃、消費税率は3%でした。

今は10%です。

つまり「7%の増加」ですね。

…ではなく、333%になった、233%増しです。

数字に対する新たな認識に繋がれば嬉しい

冒頭でも述べた通り、本記事により

数字に対する新たな認識に繋がればとても嬉しいです。

まとめ

  • 「率」にはワナがある
  • 消費税率が8%→10%になったのは、25%増し
  • 数字について新たな認識が生まれれば嬉しい

おわりに

ご存知の方もいるかもしれませんが、記事にしてみました。

私自身は新たな考えが思いつきとても嬉しかったです。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!