こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【住信SBIネット銀行】毎月金利に注意!!

こばじです。

大手銀行等より相対的に高金利であるネット銀行を駆使して、

少しでも日本円資産を増やしたいこばじ。

住信SBIネット銀行(以降SBIネット銀行)の金利について記事にしてみます。

実は、金利面でSBIネット銀行はおすすめできません。

目次

はじめに

おことわり

本記事に記載の金利は、いずれも年利(税引き前)です。

また、情報は投稿日、更新日現在のものです。

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

流動性の高い現金は、比較的高金利かつ入出金しやすい楽天銀行(普通預金金利0.1%)、

流動性の低い生活防衛資金(いざというときのためのお金)は、出金しづらいが高金利あおぞら銀行(普通預金金利0.2%)

に預けています。

SBIネット銀行

SBIネット銀行(正式名称:住信SBIネット銀行)は、いわゆるネット銀行です。

外貨の取引手数料が他より安めである他、

SBI証券というネット証券会社と連携することで、株や債券等の資産取引も容易になる銀行です。

SBIネット銀行の金利はいかほどか?

さて、そんなSBIネット銀行の金利は以下のとおりです。

普通預金金利は、年利0.001%。ぶっちゃけ低いです。

つまり10万円預けて1円の利息がつく程度です。

実際はここから税金が引かれるため、もっと預ける必要があります。

このほかにもSBIハイブリッド預金(年利0.02%)、外貨普通預金(通貨により変動)などがあります。

こちらは、まぁまぁです。

しかし伝えたいのはそれではありません。

毎月利息が支払われるというワナ

伝えたいのはここです!

普通預金SBIハイブリッド預金、外貨普通預金などでは、

毎月利息支払われるのです。

え、毎月利息が支払われるなんてラッキーじゃん!たいていの銀行は、半年に1回でしょ?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

それにSBIハイブリッド預金のページでは、以下のように書かれていますので、無理もないでしょう。

毎月利払いが人気です。

www.netbk.co.jp

しかしこれがワナなのです!

毎月利息が支払われるということは、年利の1/12だけ月利が発生します。

SBIハイブリッド預金の場合、年利が0.02%だとお伝えしました。

ということは、月利に換算すると、0.00167%程度です。

10万円預けてやっと毎月1.67円利息が支払われるのです。

しかもここから税金が差し引かれます。

そして、利息は切り捨てです(こばじの経験上)。1円に満たない場合は、1円も入らないのです。

さらに、円普通預金の場合は、年利0.001%なので、

月利0.000083%。

つまり

120万円以上預けてようやく1円の利息が発生するかどうか、というところになります。

個人的には低金利だと感じます。

どうしてもSBIネット銀行を使いたい!そんな方は円定期預金を!

ここまで金利面でSBIネット銀行を記述しましたが、

SBI証券との連携面など、とても大きなメリットを持っている銀行のひとつです。

もしSBIネット銀行のメリットを金利面でも享受したい場合は、

円定期預金の利用をお勧めします。

円定期預金の金利は以下です。

毎月利息発生、ではなく、満期の時に利息が入ります。

www.netbk.co.jp

また、夏と冬のボーナス時期に金利キャンペーンをやっています↓↓

www.netbk.co.jp

現在は、1年間の定期預金金利が0.15%になります。

まとめ

  • SBIネット銀行は、金利面で他のネット銀行に劣る
  • その理由は、毎月利息が1円未満切り捨てで支払われるため
  • ただ、SBI証券との連携など優れた面もある

おわりに

現在私はSBIネット銀行をほぼほぼ使っていません。

複数の銀行口座を持つ私。機会があれば、どういう運用をしているのか記事にしてみようと思います。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!