こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

本とは違うが、どっちもいい!ハリー・ポッターと炎のゴブレットを見たよ。

こばじです。

先日、彼女と「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の映画を見ました。

私自身この映画を見るのは10回目くらいなのですが、新たな発見がいつもあります。

そして、本とは違うけれど、これもいいなと思い、記事にしてみます。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

想定する読者

ハリー・ポッターと炎のゴブレットについてある程度ご存知の方を想定しています。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

以前本を読んだときに、その感想や好きなところについて

記事にまとめてみました。

よかったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

映画で印象的なところ

ではここで、映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を見て、

本とは違うところで印象的なところを語ってみます。

許されざる呪文、ハーマイオニーが答えない

本作品で、闇の魔術に対する防衛術を教えているマッド=アイ・ムーディ(アラスター・ムーディ)。

彼は授業の最初に、「許されざる呪文」にどのようなものがあるのかを生徒に質問します。

※許されざる呪文:服従の呪文「インペリオ」、拷問の呪文「クルーシオ」、そして死の呪文「アバダ・ケダブラ」。

死の呪文について、本ではハーマイオニーが正解しています。

しかし映画では、ハーマイオニーは解答しません。

本との違いですね。

ハーマイオニー人間性や人格にそぐわないということがあったんですかね。

とにかく映画では一切答えないハーマイオニーが印象的でした。

第一の課題、惜しかったハリーに対し、残念がるドラコ

ハリーの同級生で、ハリーと真っ向から敵対するドラコ・マルフォイ。

映画では、

ハリーが辛うじてドラゴンから卵を奪い取るのに失敗したときに、

ドラコが残念がっている描写があります。

普段ハリーと敵対しているだけに、

残念がっているドラコが面白かったです。

ダンスを続けるネビル

本作品では、クリスマス・ダンスパーティのシーンがあります。

映画では、

みんな大好きなハリーの同級生、ネビル・ロングボトムがダンスの練習を熱心にしています。

とても嬉しそうで、見ていてこちらも嬉しくなりました。

クラウチ氏の目線

クラウチ氏というのは、

本作品の一大イベント「トライウィザード・トーナメント(三大魔法学校対抗試合)」を

仕切る魔法使い、バーティ・クラウチ氏です。

彼が湖でムーディ氏と話をしているときに、

何かを察したような顔をします。

これは映画のみの描写です。

今回映画を見て、初めてこの意味を理解しました。

まとめ

おわりに

ハリー・ポッターシリーズは、本と映画で微妙にストーリーが異なっています。

また、微妙に描写が異なる部分もあります。

それを見つけると面白いです。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!