こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

身近にある!パーキンソンの法則、あれもこれも。

こばじです。

皆さまは、「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか。

身の回りに「パーキンソンの法則」の事例が

たくさんあると気付いたので、

今回記事にしました。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住の、IT企業勤務20代です。

パーキンソンの法則

パーキンソンの法則とは、

「仕事時間は、完成までに使える時間をすべて満たすまで拡大していく」

という法則です。

もっとシンプルに言うと、

「作業時間は上限まで拡大する」というものです。

例えば、プレゼンの資料作成に3時間かけることができるとしたら、

3時間まるまるかけてしまう、というものです。

2時間で終わったとしても、細かいところに1時間かけてしまう。

それがパーキンソンの法則です。

パーキンソンの法則」の事例

さて、ここからは、ビジネス・プライベート問わず

パーキンソンの法則が通用する事例をいくつか紹介します。

今回紹介するのは以下です。

  • 〆切と作業時間
  • バッグの大きさとその中身
  • 部屋の大きさと物

〆切と作業時間

これは冒頭で紹介したパーキンソンの法則の例に近いです。

何か作業があるとき、作業時間いっぱいまで時間を使ってしまうということです。

部屋の片付けに1時間見積もったら、1時間使ってしまうというものです。

バッグの大きさとその中身

出かけるときに、バッグを持参する人は多いと思います。

リュックでも構いません。

これら、どんな大きさであれ、いっぱいになるように中身を詰めてしまうんです。

例えば私の場合、小さいバッグと大きいバッグを持っています。

小さいバッグには財布、スマホ、手帳くらいしか入りません。

一方大きいバッグには、以下などたくさん入ります。

大きいバッグを持参するときには、

絶対使わないようなものを含めたくさん入れてしまうんです。

部屋の大きさと物

部屋の大きさと物の量についても、パーキンソンの法則が当てはまります。

私の場合、小さい部屋に住んでいると、物は少なく済みます。置けないから。

一方大きい部屋に住んでいると、色々物を置けるため、物が多くなりやすいです。

どちらでも生きていけますし、困るわけではないのですが、

大きい部屋に住むと物が増えてしまうんです。

じゃあどうすればいいの?

こばじさーん、パーキンソンの法則が色々なところで当てはまることはわかったよ。でも、じゃあどうすればいいの?

という声が聞こえてくるかもしれません。

私は次のことに気をつけています。

  • 余裕(バッファ)として認識する
  • そもそも小さくする

それぞれ詳しく書いていきます。

余裕(バッファ)として認識する

全部を使えるわけではなく、30%は余裕(バッファ)であると認識しています。

100の大きさがあった場合、実際に使えるのは70で、

残り30は何かあった時の備えとして考えているのです。

  • 作業時間が1時間であれば、18分は予備
  • バッグの大きさが5Lであれば、1.5Lは予備
  • 物置部屋の大きさが1m2 であれば、0.3m2 は予備

というように!

そもそも小さくする

あとは、そもそも小さくするということもあります。

  • 時間を短く見積もる
  • 小さいバッグを持参する
  • 小さい部屋に住む

のように!

まとめ

おわりに

もちろんこれは、100人全員が100のことに対して当てはまるわけではありません。

対策・仕組みを持っている人など、通用しない人や、通用しないこともあります。

また、今回は紹介しませんでしたが、

  • お腹いっぱい食べたい
  • 収入=支出で貯蓄できない

なども通用しますね。

機会があればこれらも記事にしてみます。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!