こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【最強クレカの1つ】JQエポスゴールドが届いたよ!

こばじです。 キャッシュレスに慣れているこばじ。

今回はそんなキャッシュレスのひとつ、クレジットカードについての記事です。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住の、IT企業勤務20代です。

こばじのキャッシュレス

私が使用するキャッシュレスは、楽天ペイをメインに、PayPayや楽天カードなど

多岐にわたります。

現金しか利用できない場合を除き、現金は利用しません。

そのため、財布にいくら入っているか細かく把握できていません。

JQエポスゴールド

JQエポスゴールドカードは、JR九州のカードです。

www.jrkyushu.co.jp

こばじさーん、あなた静岡でしょ?JR九州だと関係なくない?

という声が聞こえるかもしれません。

なぜJQエポスゴールドを選んだのかについては後程説明しますね。

参考にした動画

「がまぐち夫婦の節約チャンネル」というYouTubeのチャンネルから、

「【最強の1枚は?】2022年おすすめ人気クレジットカードを徹底解説!ポイント稼ぎまくって節約貯金投資を加速させろ!」

という動画です。

www.youtube.com

※若干情報が古い可能性がございます。

エポスカードのきっかけは、家賃支払い

私は家賃支払いにエポスカードを利用しています。

口座振替またはクレジットカード(ただしエポスカードのみ対象)のいずれかを

選択することができました。

クレジットカード払いであれば、

家賃という安くない支出でポイント還元を得られるため、

迷わずエポスカードにしました。

エポスカードで家賃支払いをして数ヶ月、

エポスゴールドカードの招待が届きました。

巷では年間50万円以上の利用で招待を受けられると言われていますが、

招待を受けられる基準は公開されていません(以下FAQ参照)。

faq.eposcard.co.jp

ちなみに私も、家賃支払いが50万円を超えたあたりに招待が届きました。

エポスゴールドカードは、招待を受けられれば年会費永年無料で、

以下の通り多くのサービスが付帯しています。

www.eposcard.co.jp

エポス→JQエポス→JQエポスゴールドというルートで入手した

エポスゴールドカードへの招待は届きましたが、

私はエポスゴールドカードではなくJQエポスゴールドカードをもらうことにしました。

その理由は、上述の動画でJQエポスゴールドカードの方を推奨していたためです。

ちなみにJQエポスゴールドカードの大きな魅力は、獲得したポイントをTポイントに等価交換できることです。

これについては後程紹介します。

何はともあれ、

エポスカードからJQエポスカード、JQエポスゴールドカードというルートでカードを取得しました。

JQエポスゴールドカード、こういう時に使う予定!

取得したJQエポスゴールドカードをどのように使うか、まとめてみました。

家賃支払い

もともとエポスカードで家賃の支払いをしていました。今後も同様です。

「選べるポイントアップショップ」で利用

JQエポスゴールドカードでは、指定した先への支払い時にポイント最大3倍を獲得できます。

www.eposcard.co.jp

これを利用することで、ポイント還元率最大1.5%になります。

しかもこれ、MIXI Mを選択することができます。

MIXI Mとは、Apple Pay(QUIC Pay)などで利用できるプリペイドカードだと思っていただければ十分です。

つまり、QUIC Payを利用できる買い物であれば、すべて1.5%の還元率を得ることができます。

Tポイントでウエル活

これがエポスゴールドカードではなくJQエポスゴールドカードを取得した最大の理由です。

これがなければ、個人的にはエポスゴールドカードで十分です。

ウエルシアでは、毎月20日をお客様感謝デーとしていて、

この日にTポイント払い(200ポイント以上)をすると、Tポイント1円分につき1.5円分の買い物ができます。

家賃支払い、選べるポイントアップショップで獲得したポイントをTポイントに交換し、

利用します。

お客様感謝デーについての詳細は、以下をご覧ください↓↓

m.e-welcia.com

まとめ

  • JQエポスゴールドカードが届いたよ!
  • 今後もポイント還元を受けていくよ!

おわりに

この手の記事を書くのってとても難しいですね。

読者を想定していますが、前提知識としてどこまで書く必要があるか時々迷います。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!