こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

みんな大好き?カレーを作ったよ!

こばじです。

カレーを作りました。

美味しくできて嬉しかったですので、

このことを記事にしてみます。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住の、IT企業勤務20代です。

料理が好きです。

こばじ、ストレス解消をしたくなる

ある日のこばじ。仕事やプライベートでストレスが溜まっていました。

これはまずい。解消したい。

という状況でした。

そうだ!料理をしよう!

私にはストレス解消法がいくつかあります。

その中に料理があります。

早速料理をするため、具材を買いにスーパーへ行きます。

何を作るかは、商品を見て決めます。

※以下、表示されている価格はいずれも税抜です。

  • じゃがいもが安い。10個で300円以下。
  • にんじんが安い。6本で200円以下。
  • 豚肉が安い。100g98円が半額で49円。600gでも300円程度。

この時点で、私の中で「肉じゃが」または「カレー」に絞られました。

他のレパートリーがないのです。

いずれにしても、玉ねぎが欲しいところ。

  • 玉ねぎ、ちょっと高い。1個100円ちょっと。
  • そういえば、自宅にカレールーがあったなぁ。

というわけで、カレーにします。

作った。

私はいつも↓のようなレシピで作っています。

  1. 深い鍋で豚肉を炒めます。
  2. 豚肉を炒めているうちに、以下を実施します。先に豚肉に火が通ったら、残りは後回しにします。
    1. 玉ねぎを薄切りにします。
    2. じゃがいもを乱切りにします。
    3. じゃがいものアク抜きをします。
    4. にんじんを乱切りにします。
  3. 豚肉に火が通ったら、玉ねぎを鍋に入れます。
  4. 玉ねぎが半透明になったら、にんじん、じゃがいもを入れます。
  5. 水を好きな量だけ入れます。これがルーの量になります。
  6. 水が沸騰したら、豚肉のアクを取って、にんじんとじゃがいもが柔らかくなるまで茹でます。
  7. にんじんとじゃがいもが柔らかくなったら、火を止めてルーを入れます。
  8. 再度火をつけ、かき混ぜながら煮込みます。

簡単にレシピを書きましたが、だいたいルーのパッケージに書かれているので、

それを参考にした方が良いかもしれません。(笑)

そんな感じでできたのが、これです。

こばじ、カレーを作る。

気になる味は??

うん。うまい。

たくさん作ってたくさん食べました。

彼女と二人で食べました。

1日目、残りはこれだけになりました。

1日目、だいぶ食べたな。

そして2日目。

2日目のカレーにはさらに美味しかったです。

コクが効いている。

2日目の方が美味しいってよく聞きますが、そのとおりだなと思いました。

2日目が終わってもまだ少し残っていました。

最後3日目。少しだけルーを足して、カレードリアにしました。

カレードリア。シーザーサラダを添えて。

要するに、とても美味しかったです!

また作りたいです。

気になるお値段は??

内容 税込価格(概算)
豚肉 600
じゃがいも 300
にんじん 200
たまねぎ 200
カレールー 200
ご飯 100
合計 1600

1600円で、合計16皿分作りました。

おかげでたくさんお代わりしました。

ガス代などは含みませんが、だいたい1皿100円程度です。

おまけ:「ルウ」より「ルー」が一般的みたい。

この記事を書くときに、「ルウ」と表記していました。

ただ、色々調べてみると、「ルー」の方がなじみ深いようです。

以下を見て、「ルー」にしました!

www.nhk.or.jp

まとめ

  • カレーを作ったよ
  • 1皿100円程度に収めたよ

おわりに

カレーって、色々な隠し味がありますよね。また、ルーにも色々ありますよね。

皆さまは何か隠し味を入れますか?どのルーを使いますか?

是非コメント欄で教えてください^^

また、感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!