こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【いじめって何?】それは犯罪です。と言いたい。

こばじです。

先日ショッキングな記事をいくつか見ました。

newsdig.tbs.co.jp

www.uhb.jp

いずれも「いじめ」に関するものでした。

一方の記事の当事者は、存命こそしているものの、心に一生残る傷を負っています。

そしてもう一方の記事の当事者は、残念ながらお亡くなりになっています。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住の、IT企業勤務20代です。

おことわり

この記事は、私個人の意見で成り立っています。

そして、具体的なアクションは示されておりません。

また、読んでくださる方から承認が欲しいものでもなければ、

議論したいわけでもございません。

ただ、建設的なコメントは大歓迎です。

いじめではなく、犯罪だと思う。

まず、「いじめ」は「いじめ」ではなく「犯罪」であると言いたいです。

人に暴力を振るうこと、それは暴行罪や傷害罪にあたります。

人のものを盗むこと、それは窃盗罪にあたります。

その他誹謗中傷なども、犯罪です。

「いじめ」という漠然とした言葉ではなく、「犯罪」なのです。

動機にはなるかもしれないが、理由にはならない

暴行や窃盗などの犯罪が学校で発生すると、

「される側も悪い」という声がよく出てきます。

確かに、そういった犯罪の中には、

される側が調子に乗っていたり、

性格が悪かったりすることもあるでしょう。

しかし、それらは、犯罪をしたくなるという動機なだけであり、

犯罪をしてよい理由にはなりません。

なお、動機と理由については、以下の記事でも紹介していますので、

よかったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

命をなくしているかもしれない。事実なくしている人もいる。

また、こういった犯罪の恐ろしいところは、

命をなくす恐れがあることです。

先ほど取り上げた記事でも、実際に命をなくしてしまったケースがあります。

命をなくさなかったからOK…ではない

仮に、幸い命をなくすことがなかったとしても、それは結果論でしかありません。

他に動機があればなくしていたかもしれません。

犯罪の被害に遇っていたのが他の人だったら、なくしていたかもしれません。

それに、命こそなくさなかったとしても、心を失ってしまったり、

後遺症が残ってしまうこともあります。

どうか、痛ましい犯罪がなくなってほしい。

記事を書いている現時点では、具体的なアクションを見出せていません。

しかし、どうか痛ましい犯罪がなくなってほしい。

強く願います。

まとめ

  • いじめ、ではなく犯罪
  • どうかそういった犯罪がなくなってほしい

おわりに

私が所属していた中学でも、そういった犯罪はありました。

中には不登校に追い詰められた人もいます。

私はその当事者とクラスも違いましたし、顔も知らなかったので、

それに対して罪悪感はありませんが、悲しい話だとは思いました。

暗い記事になってしまいましたが、

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!