こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【食事中の方は後で見てね!】大きいやつについての憶測話。あれで祖先がわかるかも!?

この記事には、食事中などにはふさわしくないものを連想させるような言葉が登場します。※画像は登場しないです。

こばじです。

友達とお喋りをしていて、「大きいやつ」についてちょっと真面目に盛り上がったので

記事にしてみます。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住む、IT企業勤務の20代です。

おことわり

この記事は憶測が多いです。

ひとつの事実から始まりますが、そこからはデータ・事実というよりも仮説を書き続けています。

一応理に適った内容になっているとは思いますが、正しくないかもしれません。

また、人種や民族の差別を伝える趣旨のものではありません。

それらの差別を助長する人の存在は否定しませんが、その助長行為は断固として受け入れません。

わかめを食べると…?

ここから、食事中などにはふさわしくないものを連想させるような言葉が登場します。※画像は登場しないです。

敢えて、私と友達をA、Bとしておきます。どちらがどちらなのかは伏せます(笑)

お喋りをするAとB。わかめの話題になり…

わかめを食べた後にトイレであれをしたときの話になりました。

Aはわかめがそのまま出てくるんです。

一方、Bはわかめが出てきません。

食べた量、友達のが本当に出てくる/出てこないかどうかはわかりません。

しかしそのような違いがあるようです。

消化酵素の違い?

なぜそのような違いがあるのか気になり、調べてみました。

研究論文ではないですが、いくつかの記事を参照したところ、

消化酵素が関係しているかもしれないことに気付きました。

例えば以下の記事では、「海藻類を消化できるのはずっと日本に住んできた人だけ」のような記述があります。

www.news-postseven.com

Aは日本系ではない…?それとも…?

Aからわかめが出てくるのは、おそらくAがわかめを消化できないからだと思います。

となると、先ほどの記事からAはずっと日本に住んできた人ではないかも?と一瞬思いました。

ただ、Aの話を聞くと、Aの祖先は代々山岳地方の農家らしいのです。

一方Bは武士の家系だそうです。

もしかして…

祖先が口にしてきたものが今も影響している!?

と思いました。

Aの祖先は山岳地方の農家で育っているため、

海産物やわかめ、海藻などを口にする機会が少なかったと思われます。

そのためわかめを消化しきれずに出てくる。

それがAまで引き継がれている。

一方Bの祖先は武士なので、

色々なものを口にしてきたと思われます。

ちなみにBの祖先は海沿いなので、

余計に海産物やわかめ、海藻などを口にする機会が多かったかもしれません。

そのためわかめを消化できて出てこない。

それがBまで引き継がれている。

もちろん憶測の域を出ませんが、個人的には納得しました。

あるものを口にしたときに、あれの様子を見ることで、祖先が口にしてきたものがわかり、

そしてそこから祖先がわかってくるかもしれない、

と思った個人的に興味深い話でした。

まとめ

  • あるものを口にしたときに、あれの様子を見ることで、祖先が口にしてきたものがわかるかもしれない
  • そしてそこから祖先がわかってくるかもしれない

おわりに

先述のとおり、あくまで憶測の話です。論文を読んだわけでもないですし、論破できる材料は出てくると思います。

また、あまり綺麗な話ではなくごめんなさい~。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!