こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

改めて思う。カムカムエヴリバディ、良かったなぁ!!

こばじです。

皆さまは普段ドラマを見ますか?

私は朝ドラだけ見ています。

執筆時現在は「ちむどんどん」が放送されています。

そしてその前は「カムカムエヴリバディ」が放送されていました。

私、カムカムエヴリバディがとても好きでした。

そのことを記事にしてみます。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

ここ数年、仕事前に朝ドラを見るのが習慣になっています。

朝ドラとは?

説明不要かもしれませんが、簡単に書いておきます。

NHKの「連続テレビ小説」です。毎朝放送しているほか、昼など夜に再放送をしています。

カムカムエヴリバディとは

橘(結婚後は雉真)安子、雉真(結婚後は大月)るい、大月ひなたという3人のヒロインが主人公のドラマです。

時代は1925年-2025年。未来のことまでドラマで語っているんですね。

安子(上白石萌音 演)の娘、るい(深津絵里 演)。

るいの娘、ひなた(川栄李奈 演じる)。それぞれ親子関係です。

※子ども時代などは他の俳優さんが演じています。以降同様。

ちなみに"Come Come Everybody"を直訳すると、「みんなおいでよ~」という感じでしょうか。

確かにドラマの中で「みんなおいでよ~」に似合うシーンはあります。

カムカムエヴリバディの好きなところ

本当にいいドラマだったなぁと今でも思います。

どんなところが好きだったのか、振り返ってみます。

安子とるいの仲直り

安子とるいは、るいが幼少期の頃に生き別れてしまいます。

るいは、安子が自分を見捨てたと思い、安子に対して前向きなイメージを持つことができません。

とはいえ、物語の終盤に再会、仲直りします。

朝ドラは基本的にハッピーエンドなので、おそらく仲直りするだろうなぁとは思っていましたが、

やはり仲直りできたので嬉しかったです。

そしてそのシーンに感動しました。

何度もドラマを見て泣きました。

「日々鍛錬し、いつ来るともしれない機会に備えよ」

安子の孫であり、るいの娘であるひなた。

ひなたは時代劇にハマっています。

そんなあるとき、時代劇の撮影所でアルバイトをすることになり、その後就職します。

そこにいた時代劇役者が伴虚無蔵(ばん きょむぞう、松重豊 演)です。

虚無蔵さんは、日頃から侍言葉を話し、服装も和装です。

1990年代頃なので、和装は既にマイナーな時代です。要するに名実ともに侍なのです。

その虚無蔵さんが、このような言葉を日々ひなたに語りかけます。

「日々鍛錬し、いつ来るともしれない機会に備えよ」

素敵な言葉だと思います。

やってきたチャンスを自分のものにするために、日々鍛錬するということ。

ちなみにひなたは、虚無蔵さんの言う通り日々鍛錬したことで、

とても大きなチャンスを自分のものにすることができました。

私も大切にしたいです。

色々な縁

このドラマは100年間を描いていることもあり、時代や場所が色々と変わります。

そんな中、新たな出逢いや再会など、色々な縁が生まれています。

先述した安子とるいの再会も同じですね。

この出逢いが好きです。

On The Sunny Side Of The Street

好きなところは3個に収めようと思いましたが、無理でした!(笑)

好きなところ最後は、曲です。

"On The Sunny Side Of The Street"という、ジャズなどで演奏されるアメリカの曲。

ひなたの道を歩くようなイメージの曲で、まさにカムカムエヴリバディにぴったりです。

この曲は作中にて、るいの旦那さん、錠(オダギリジョー)さんがトランペットで吹いています。

この曲がとても好きです。

ちなみにこの曲、私も演奏してとても楽しいなぁと思いました。

以下の記事で書いていますので、よかったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

おまけ:音楽が重要な役割を持つの、4連続だな

朝ドラを見ていらっしゃる方はわかるかもしれませんが、最近の朝ドラって音楽に深い縁があるんです。

カムカムエヴリバディまで3連続で音楽に縁があります。こんな感じに↓↓

2020年度上期「エール」

主人公である古山裕一(窪田正孝 演)が作曲家。裕一の妻、関内音(二階堂ふみ 演)が音大生。

音楽がドラマのテーマにありますね。

2020年度下期「おちょやん」

ヒロインである竹井千代(杉咲花 演)の幼馴染である富川福助(井上拓哉 演)が、トランペットを演奏しています。

戦時中のシーンもあり、福助が出征する前夜、トランペットを演奏します。

エールほどではないものの、音楽に縁がありますね。

2021年度上期「おかえりモネ」

ヒロインである永浦百音(モネ、清原華耶 演)が中学生の頃にアルトサックスを演奏しています。

また幼馴染たちはユーフォニアム、フルートなどを演奏しています。

おちょやんよりも音楽に縁があると思います。

2021度下期「カムカムエヴリバディ」

先ほど述べた通りです。縁があります。

2022年度上期「ちむどんどん」

これは現在放送中なので何とも言えませんが、

ヒロインの妹、比嘉歌子(上白石萌歌 演)が歌を得意としていて、今後、歌に関するシーンがあるかもしれません。

となると、またまた音楽と縁があるかもしれませんね。

まとめ

  • こばじは朝ドラが大好き
  • 以前までやっていた「カムカムエヴリバディ」が大好き
  • 最近の朝ドラは音楽と縁が深い

おわりに

カムカムエヴリバディをご覧になっていた方にとっては少し懐かしいかもしれませんね。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!