こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

こんな考えがあるのか!「消極的義務」と「積極的義務」

こばじです。

最近軽い勉強として読んだ本に興味深い言葉がありました。

それがタイトルにもある

「消極的義務」と「積極的義務」です。

このことをまとめてみます。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

読書が好きで、勉強の一環で読んでいます。

最近読む時間を取れていないのが悲しい。

参考にした本

「論理的思考力を鍛える33の思考実験(北村良子 著、彩図社)」です。

この本には、書名のとおり論理的思考力を鍛えられるような問いが書かれています。

最近は有名な「トロッコ問題(※)」の他、「1=0.999…」が成り立つ不思議など、面白い思考実験がたくさんあります。

※トロッコ問題:トロッコが猛スピードで走っていて、このままでは進路先にいる5人が確実に犠牲になる。

あなたの目の前には分岐器があり、分岐器を使い進路を変えることでその5人は確実に助かるが、

変えた場合進路先にいる1人が確実に犠牲になる。あなたは分岐器を使う?

というな問題です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

論理的思考力を鍛える33の思考実験 [ 北村良子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/5/29時点)


「消極的義務」と「積極的義務」

この本では、「消極的義務」と「積極的義務」という言葉が出てきます。

イギリスの哲学者「フィリッパ・フット」が定義した用語です。

「消極的義務」は不当なことをしない義務を、「積極的義務」は不利な人に手を差し伸べる義務を指します。

ちょっとわかりにくいですね。以降で具体的に説明します。

ちなみにこのフィリッパ・フットは、トロッコ問題も提起した張本人です。

身の回りの「消極的義務」と「積極的義務」

一般的に

消極的義務を果たすことの方が

積極的義務を果たすことよりも重要である

と言われています。

そのことを、この本に書かれている例を交えて説明していきます。

項目
消極的義務を果たす 目の前の子どもに暴力を振るわない
消極的義務を果たさない 目の前の子どもに暴力を振るう
積極的義務を果たす 目の前にいる怪我した子どもに手当をする
積極的義務を果たさない 目の前にいる怪我した子どもに手当をしない

確かに、目の前の子どもに暴力を振るわない(=消極的義務を果たす)ことの方が、

目の前にいる怪我した子どもに手当をする(=積極的義務を果たす)ことよりも重要視されるのではないでしょうか。

まとめ

  • 義務には「消極的義務」と「積極的義務」がある
  • 「消極的義務」は不当なことをしない義務
  • 「積極的義務」は不利な人に手を差し伸べる義務
  • 一般に「消極的義務」を果たすことの方が「積極的義務」を果たすことよりも重要視される

おわりに

この本は、トロッコ問題の他にも多くの問題、思考実験が書かれていてとても面白いです。

ちなみに、先述した「1=0.999…」については、私が中学に入学する頃進研ゼミの教材で読んで

とても驚いたことを覚えています。

こちらについてはよかったらググってみてください。もしかしたら記事にするかも。(笑)

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!