こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【STEPN】STEPN以外でも通用する!ロードマップを考えておこう!

こばじです。

Move to earnなアプリ「STEPN」を始めて数週間。

これから始めたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、STEPNを始めたい方向けに、お勧めのロードマップを紹介します。

目次

はじめに

投資は自己責任です。

もちろん有益であろう情報をここに書いていますが、

自己責任である旨引き続きご理解お願いいたします。

想定する読者

以下のような方を想定としています。

  • STEPNに初期費用(原資)がかかることを理解している
  • STEPNは原資回収できたら、あとは稼ぐだけであることを理解している
  • STEPNでは購入する靴には品質を示す「Common」「Uncommon」など、適正な移動速度に応じて「Jogger」「Runner」などの種類があることを理解している
  • STEPNをやってみたい
  • 始め方や詳しい仕組みなどは別のサイトで仕入れる

STEPNの仕様に関する記述は、執筆時現在の情報です。

STEPNは仕様が頻繁に変わるため、

本記事を読んでいただく時には正しくない情報になっている可能性もございます。

予めご了承ください。

STEPNの情報収集コツについては以下の記事にまとめましたので、良かったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

簡単な自己紹介

静岡県に住む、IT企業勤務の20代です。

仕事はほぼ100%在宅テレワーク。

通勤という概念が消え去ったことで歩かなくなってしまったので、

STEPNを使って歩くようにしています。

STEPNを始めて数週間、原資回収の日々です。

どういう靴を選ぶ?それは手段でしかない!

先述でも軽く触れた通り、STEPNで初心者が扱う靴については以下のような考慮事項があります。

  • 靴は何足持つ?
  • 靴の質はCommon?Uncommon?
  • 靴の種類はJogger?Runner?

他の方が書かれている記事にはわかりやすく書いてあると思いますが、ここでも軽く触れておきます。

靴は何足持つ?

Commonの靴を1足持つと1日10分歩いて稼ぐことができます。 6時間ごとに約2.5分ずつ歩いて稼げる時間が増えます。

一方Commonの靴を3足持つと、1日20分歩いて稼ぐことができます。 6時間ごとに5分ずつ歩いて稼げる時間が増えます。

さらに、Uncommonの靴が1足あるごとに、1日に5分ずつ、歩いて稼げる時間が増えます。 6時間ごとに約1.25分ずつ歩いて稼げる時間が増えます。

他にも9足持つことで、さらに歩いて稼げる時間が増えますが、

初心者の方がいきなり9足持つことは想定しにくいため、ここでは割愛します。

靴の質はCommon?Uncommon?

靴の質にはCommonやUncommonなどがあり、Uncommonの方がスペックが高いです。

スペックが高いと、稼ぎやすさも上がります。

Uncommonより上にはRareやEpic、Legendaryがありますが、いずれも非常に高価(200万円以上)で初心者が扱うことは想定しにくいため、ここでは割愛します。

靴の種類はJogger?Runner?

靴の種類にはJoggerやRunnerなどがあり、それぞれ適正な移動速度が決まっています。

他にもWalkerやTrainerがありますが、Walkerは牛歩くらい低速でかつ稼ぎにくい、Trainerは非常に高価であり初心者が扱うことは想定しにくいため、ここでは割愛します。

簡単に解説したけれど…これらはいずれも手段でしかない!

靴について簡単に解説しました。しかしこれらは結局手段でしかないのです。

ご自身がSTEPNをやる目的を理解することがより重要です。

ロードマップを考えましょう

こばじさーん、どういう靴を選ぶかは手段でしかないのはわかったよ。
目的を理解することが重要ということもわかったよ。じゃあまず何を考えれば良いの??

という声が聞こえてくるかもしれません。

まずは、ロードマップを考えてみましょう。

私の場合は以下です。

  • まず原資回収をする。
  • その後靴のスペックを上げる余裕が出てきたら、靴のスペックを上げる。
  • 稼ぎ続け、さらに余裕が出てきたら、さらに靴のスペックを上げる。

この時点で、私にとっての第一優先行動は「原資回収のための行動」になります。

この「原資回収」が目的です。その目的を理解したことで、どうやって靴を選ぶかを決めれば良いのです。

参考:自分の靴の選び方

私の場合、以下の基準で靴を選びました。

  • どれくらい原資を出せるか?
    ⇒X万円と定めた。
  • 1日どれくらい歩けるか?
    ⇒テレワークのため20分が限界。45分は無理。
  • 移動速度はどれくらいか?
    ⇒靴を購入しない状態でアプリを起動して移動してみて、速度を測定した。6-8km/h程度だったため、Joggerが適正と判断した。
  • 希望の条件を満たした靴の価格は、自分の出せる原資を大きく上回っていないか? ⇒上回らないことを確認した。

他にも、「ミントする?」「靴の属性(Attribute)でEfficiencyが高いものを選べ!」というような基準もありますが、ここではちょっと複雑なため割愛します。

余談:「原資回収」の目的は?

先ほど、「原資回収が目的」という旨の記述をしました。

これを深掘りして、「何のために原資回収を目指す?」という、原資回収の目的を考えることも面白いです。

私の場合、

  • 所詮仮想通貨なので(暴騰することもあるが)暴落するリスクも株などに比べて大きい。それに備えるため。
  • 一応2022年の12月頃までのアプリアップデート予定はあるものの、いつサービスが終わるかわからない。それに備えるため。

という2個の目的があって、まずは原資回収をしています。

まとめ

今回のまとめはこちらです。

  • 物事に取り組むときには、目的やロードマップを理解しておくこと。

おわりに

STEPNで何を優先するか見誤ってしまうと、原資回収をしたいのにどんどん投資してしまい沼にハマる、というような事態に陥りかねません。

そのため、今は何を目指してSTEPNをやっているのかを理解しておくことが重要です。

また、これはSTEPNに限らず、広い分野に通用する話です。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!