こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【響いた言葉】私にとって効果てきめんな自己肯定感を上げる言葉

こばじです。

IT企業でエンジニアをしているこばじ。

最近仕事の負荷が高く、若干病みかけていました。

なぜ自分はこれだけ遅れを取ってしまっているのだろう。

そんなことを考えていたあるとき、先輩がかけてくれた一言が

私を救ってくれました。

今回はそれを記事にしてみます。

知っている人は知っていますし、「当たり前だろ」という方もいるかもしれませんが、

ご容赦ください^^

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住む、IT企業勤務の20代です。

エンジニアとしてプログラミングをしたり、

プログラムの設計をしたりしています。

仕事は99%在宅テレワークのため、メンバーとの打合せはすべてSkypeで実施しています。

普段の私は、相談するというより相談される側が多い

過去の記事でも紹介しているとおり、

私はどちらかというと相談される側であることが多いです。

例えば↓のように、後輩にアドバイスを求められた場合にはコメントするが、そうでなければ聴くに徹するようなことが多いです。

kobaji.hatenablog.com

kobaji.hatenablog.com

病みかけていた

そんな私ですが、仕事の負荷が高く病みかけていました。

自分にとって厳しいと思えるスケジュールで、高い品質を確保する必要があったためです。

その時は、「自分がもう少しハイスキルであれば…」と思うばかりでした。

先輩の一言

そのようなある日、いつものように先輩とSkypeで技術的な相談をしていた際、

ついでに雑談をしました。

こばじ:今朝もお腹が痛かったんですよねーーー
先輩:どうしたの??
こばじ:いやぁ、ストレスで。
先輩:あぁあの事ね。あんなの言わせておけばいいんだよ~

ちょうどその直前に他メンバーからフィードバックをいただいていて、若干凹んでいたんですよね。

先輩の、「言わせておけばいいんだよ~」という一言で、私が気にしすぎなことを感じることができました。

自己肯定感が下がっていたなって感じた

その時の私は、とても自己肯定感が下がっていたのだと思います。

他の人が自分をどう見るかを気にしていたんですよね。

他人の価値観で生きる必要はなく、むしろ自分の価値観で生きるべき。

そういうことはわかっているのですが、なかなかできないものです。

ただ、それをできるようにさせてくれる言葉が「言わせておけばいいんだよ」なんですよね。

自己肯定感がこれ以上下がるのを防げた気がしました。

まとめ

今回のまとめはこちらです。

  • 私にとって、自己肯定感を上げる言葉のひとつは「言わせておけばいいんだよ」

おわりに

皆さまは自己肯定感が高いですか?低いですか?

自己肯定感を上げるためにやっていることはありますか?是非コメントで教えてください。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!