こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【投資】外国の資産を持ちたい

こばじです。

最近、といっても数ヶ月前からですが、円安が続いていますね。

こんな時、よく思うのが「外国の資産を持っておきたい」ということです。

目次

はじめに

投資は自己責任です。

もちろん有益であろう情報をここに書いていますが、

自己責任である旨、引き続きご理解お願いいたします。

アフィリエイトではないです

この記事はアフィリエイトや案件などではございません。 すべて一素人の見解です。

簡単な自己紹介

静岡県に住む、IT企業勤務の20代です。

投資歴は大まかに以下です。

  • 外貨預金:2年くらいで辞めた。今後再開するかも。
  • つみたてNISA:4年目くらい。米国株を中心に、全世界や日本株式にも投資中。
  • ロボアド:半年で辞めた。ポートフォリオを適正にしてくれるのは嬉しいが、1%の手数料は高すぎて辞めた。
  • 仮想通貨:「Move to earn」と呼ばれるアプリ、STEPNで触れ始めてもうすぐ1ヶ月。

円安とは

ここで「円安」について簡単におさらいしておきましょう。

円安というのは、「円」の価値が「安」(低)くなることです。

例えば、これまで1個100円で買えていた外国産のオレンジが、1個200円になる、というのが円安です。

補足:円安?物価上昇?好景気?ややこしや!

先ほど、円安の具体例として外国産のオレンジが価格上昇!というものを挙げましたが、

外国産オレンジの価格が上昇すること=円安、とは限りません。

ここが少し難しいのですが、円安というのはあくまで「円の価値が下がること」を示しています。

一方外国産オレンジの価格が上昇することの要因としては、非常に多くのことが考えられます。

例えば以下です。

  • 円安(円の価値が下がっているため、1個のオレンジを購入するのに多くの円が必要になり、日本円で考えた場合におけるオレンジの価格が高くなった)
  • 物価上昇①(燃料費高騰など。オレンジを船で大量輸送するが、その船を動かす燃料費が高くなったので、オレンジの価格が高くなった)
  • 物価上昇②(オレンジが採れないなど。天候不良や自然災害等でオレンジの収穫が少なく、オレンジの価格が高くなった)
  • 好景気(給料がどんどん高くなることに伴い、オレンジにも多くのお金を払うようになり、オレンジの価格が高くなった)

そのため、オレンジの価格が高くなったとしても、それが円安によるものなのか、他のものによるものなのかはまだわかりません。

外国の資産を持つメリット

円安について軽くおさらいしたところで、本題にまいりましょう。

私にとって、外国の資産を持つメリットは以下です。

円安にも柔軟に対応できる

これ、どういうことかというと、、、説明するのに具体例が必要です。

こばじの全資産のうち、日本のものが50%、外国のものが50%だとします(実際とは大きく乖離しています)、

そこで、10%の円安になったとします。

円の価値が10%下がっているということなので、

日本のものは50%×90%=45%、外国のものは相対的に10%増えているので50%×110%=55%です。

トータルで45%+55%=100%のままです。

一方、もし日本円しか持っていない場合、資産100%が100%×90%=90%になってしまいます。

裏を返せば、円高(円安の逆)の場合は、円資産100%の方が110%になり魅力的ではあります。

ただ、この世の中、円安になったり円高になったりを繰り返しています。

円安や円高の影響を抑えるために、外国の資産を持っておきたいです。

外国の資産はどんどん増えるはず

2個目のメリットは、単純に外国の資産は今後増えると考えているためです。

一般的に、人口が増えれば経済は発展すると言われています。

日本は人口が減っていく、外国は全体的に人口が増えている。

人口上昇が落ち着き減少していくと言われている先進国の中でも、米国は人口が増えている。

ということは、米国や全世界に投資していれば、価値はどんどん増えていくということが考えられます。

そのメリットがあるため、私は外国の資産を持っていますし、これからも持ち続けたいです。

まとめ

今回のまとめはこちらです。

  • 円安とは、円の価値が下がること。
  • 外国資産を持つことで、円安の影響を減らすためだけでなく、自分の資産を増やすことに繋がる。

おわりに

今回は、外国の資産を持ちたい、ということについて率直な意見をまとめてみました。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!