こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【英語】欧米の技術を自分のものにしたい

こばじです。

PRのお題、やっていきましょう。

というわけで、

#もしも英語が使えたら

#もしも英語が使えたら
by クリムゾンインタラクティブ・ジャパン

私は、英語が使えたら海外のニッチな最新技術を仕入れて、

それを自分のものにしたいです。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住でIT企業に勤める20代です。

英語に関するステータスは以下です。

  • センター試験英語194/200点(今でいう「大学入学共通テスト」)
  • TOEIC(LR、一般的なやーつ)は800/990点ちょっと
  • 仕事で海外出身日本在住のメンバーと英語で議論する程度

平均的な同年代よりは英語を得意としています。

が、まだまだです。

少し専門的な記事になると読めないです。

ここでの「英語が使える」の定義は「日本語と同様に読める、聞ける」

まず、この記事を読んでいただくにあたり前提となる、「英語が使える」の定義をしておきます。

「日本語と同様に読める、聞ける」

です。

例えば、この記事が英語で書かれていたとしても、日本語の場合と同じように理解できる、ということです。

では、その英語が使えたら、こばじは何をしたいのか?

英語が使えたら海外のニッチな最新技術を仕入れて、それを自分のものにしたいです。

と伝えましたが、具体的にはどのようなことなのか、書いてみます。

IT技術

私は数年間、IT企業に勤めています。

日本のITって本当に遅れているんですよね。法整備なども要因にありますが、技術力が低いです。

そのようなことを書くと、

こばじさーん!日本は技術力が高いって言われているんじゃないの!?

という声が聞こえてくるかもしれません。

確かに、ひと昔前の日本(高度経済成長期やバブル期の頃)は、高い技術力を持っていました。

また、製造の分野では今でも高い技術力を持っていると思います。

しかしそれは、ITの分野では通用しません。

現在世界を牛耳る大企業、GoogleApple、Meta(旧Facebook)やAmazonなどは

いずれも日本の会社ではない(アメリカの会社)です。

このような現状で、海外、特にアメリカの最新技術を仕入れることができれば、

日本でのビジネスに役立てることができると思います。

STEPN

皆さまはSTEPNというものをご存知でしょうか。

歩いて稼ぐ、というアプリです。

初期投資をしてから歩くことで、数週間~数ヶ月でリターンを得ることができ、

その後は歩くだけでプラスを生み続けられるというシステムです。

※実際はもう少し複雑ですが、本題から逸れるため割愛します。

執筆時現在は、初期投資として15万円程度かかるのですが、

半年ほど前は、価格が半分以下でした。

結果論ではあるのですが、その時に情報を知っていて、投資できていれば、

利益を得られていたと思います。

英語力だけではなく、飛び込む勇気、行動力が欲しい

STEPNの話をしました。実際のところ

英語力のみならず、勇気や行動力も必要ですね^^

まとめ

この記事では、以下のことをお伝えしました。

  • こばじは、英語力で海外の情報を自分のものにしたい
  • 英語力だけではなく、行動力も欲しい

おわりに

いかがでしたでしょうか。

皆さまの記事も楽しく拝見しますね。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!