こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【新生活】彼女と同棲して、生活様式の違いで視野が広がった話

こばじです。

彼女と同棲しはじめていて、思ったこと。

それは、

生活様式の違いにびっくりすることも多いものの、その都度視野が広がり楽しい

自分がスタンダードではないことは多い、自分が常に正しいわけではないと思うので、ストレスもたまっていません。

今のところは。(笑)

今回は、具体的な生活様式の違いと、それに対する私の思考についてまとめてみます。

目次

はじめに

関連記事

そもそもなぜ私がスタンダードではないだとか、自分が常に正しいわけではないだとかを思うようになったのか。

それを以下記事でまとめています。よかったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

簡単な自己紹介

静岡県在住でIT企業に勤める20代男性です。

彼女と同棲をしています。

生活様式の違い

彼女と同棲し始めたことで、いくつか生活様式の違いに直面しています。

例えば以下です。

  • トイレにスリッパ、使う?
  • 炊飯器の内フタ、洗う?

彼女と自分、どちらがどうだったのかは敢えて触れませんが、

2人で違う様式でした。

大切にしている姿勢は「なぜ、それがおかしくないのか?」

そんな時、私が大切にしているのは、それがおかしくない理由を考えることです。

似た話で、私は相手の意見をいきなり否定せず、まずはなぜ正しいのかを考える思考をします。

そのことは以下記事でも紹介しているので、良かったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

ちなみに、

いきなり「それ、おかしいよね!」と思うのは、

その様式をして生きていた彼女に失礼だと思っています(それってあなたの感想ですよね)。

違いを認識することで、視野が広がった

違いを認識すると、視野が広がります。

今回の場合、彼女の生活様式を知ることで、

「なぜ自分はこれまで○○のような生活様式をしてきたのか?」

と考えるきっかけになります。

私の場合は、ほとんどの場合「実家がそうだったから」なんですよね。

つまり私の場合、実家の生活様式をそのまま踏襲しているわけです。

実家で成り立っている生活様式を踏襲しているわけですから、基本的にはそのままでも成り立ちます。

しかし、違いを認識し、選択することで、

より効率的/より継続しやすい/より清潔な

…要するに「よりよい」生活様式を実現することができます。

まとめ

この記事では、以下のことをお伝えしました。

  • 同棲すると生活様式の違いに驚く
  • 違いを認識すると、視野が広がる

おわりに

ちなみに、トイレにスリッパを置く家庭と置かない家庭、どちらも少数ではないようです。

また、炊飯器の内フタを洗う家庭と洗わない家庭、どちらも少数ではないようです。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!