こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【内面から】変わるには、まず内面から

こばじです。

最近、ある言葉を久しぶりに聞きました。

スティーブ・ジョブズは同じ服を着る

そしてこの言葉も聞きました。

同じ服を着ていても、スティーブにはなれない

当たり前と言えば当たり前ですね。

でも、なぜ?と考えてみました。

それに対する自分なりの解をまとめてみました。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住、IT企業に勤める20代です。

結論:内面が変わらなければ、成果や実績も変わらないから

先に自分なりの結論をお伝えします。

それは、「内面が変わらなければ、成果や実績も変わらないから」です。

こばじさーん、それ、どういうこと!?詳しく教えてよ!!

という声が聞こえてくるかもしれません。

詳しく説明するために、「アイスバーグ理論」を説明します。

アイスバーグ理論。成果や実績は氷山の一角

アイスバーグ理論という理論があります。

日本語にすると、「氷山理論」ですね。

このアイスバーグ理論、中身は…

成果や実績というのは氷山の一角で、その成果や実績は

行動、そしてその行動をするための思考、

さらにその思考をするための価値観がよって実現される、という理論です。

つまり、成果や実績には、それ相応の価値観があるということです。

同じ服を着るという行動は、どういう思考から?

ジョブズの話に戻ります。ジョブズのような成果、実績を残すために、

何も考えずに同じ服を着ても意味がありません。

どういう思考が、ジョブズに同じ服を着せているのか?

その思考を理解する必要があります。

その思考は、次のようなものだと言われています。

服を選ぶ時間がもったいない

ということは、服を選ぶ時間がもったいないと思えば、それでよい?

…そこまでシンプルではありません。

次に、その思考を生む価値観を考える必要があります。

その思考は、どういう価値観から?

どういう価値観が、ジョブズに服を選ぶ時間をもったいないと思わせているのか?

これは私の推論になりますが、「時間が大事である」という価値観があるのだと思います。

時間が大事であるというのはよく言われていて、理解している人は非常に多いと思います。

ただ、その価値観に腹落ちし、ジョブズと価値観のシンクロ率100%になっている人は滅多にいないのだと思います。

まとめ

この記事では、以下のことをお伝えしました。

  • ジョブズを見倣って同じ服を着ても、ジョブズにはなれない
  • アイスバーグ理論という、成果や実績には、それ相応の行動、思考、価値観がある
  • 要するに価値観が大事!

おわりに

しれっと「シンクロ率100%」という言葉を使ってみたのですが、調べてみたらエヴァの言葉だったんですね。

会社でこの言葉を使っている人がいたので、ここで真似してみましたが、人気アニメの言葉だとは知りませんでした。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!