こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【また期限過ぎた!ごめんなさい】わたしの部屋

こばじです。

今週のお題 「わたしの部屋」の期限が過ぎてしまいました。

でもせっかく書いたので投稿します。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住でIT企業に勤める20代です。

かれこれ数年間ずっと在宅テレワークをしています。

整理整頓、片付けはとても苦手です。

整理整頓されているとは言い難い

「整理整頓、片付けはとても苦手です。」と記載したことからお分かりいただけるかもしれませんが、

こばじの部屋は、整理整頓されているとは言い難いです。

これまで特に気にせず自宅に人を呼んでいたのですが、

もしかしたら(もしかしなくても)

恥ずかしいことをしていたんですよね!

散らかった部屋に人を呼ぶなんて、申し訳なかった!

できない理由を育った環境にするのは、私は避けたい

では、なぜ整理整頓されていないのか、考えてみました。

残念ながら最初に思ったのは、「家庭環境」でした。

私の実家、人を呼ぶときこそ整理整頓されているのですが、

普段は散らかっています。

なぜ「残念ながら」と書いたのかというと、育った環境は理由にならないと考えているためです。

整理整頓したい動機がなくなる、であれば良いのですが、論理的な繋がりが見えません。

というわけで、他の原因も考えてみます。

こばじ、面倒くさがりだった

こばじ、とても面倒くさがりです。

それが原因かもしれません。

できるだけものを取り出す時間を減らしたいです。

パソコンやスマホで言うと、キャッシュの機能をフル活用したいです(ちょっと何言っているかわからない)。

そのため、夜寝る前につけるめぐリズムも、外出かける前につけるマスクも、

クローゼットの奥ではなく部屋に置いておきたい、、と思ってしまいます。

ただその結果、メモリがいっぱいになり、CPUやディスクなどのスペックが悪くなくても

パフォーマンスが落ちてしまうんですよね(ちょっと何言っているかわからない)。

脳内も整理されないのかも?

類似の話をします。

それは、「脳内が整理されないのも、部屋が整理整頓されていないのも、同じ原因が根本にあるのかも」

ということです。

私、時々脳内がパンクしてしまいます。

紙に書きだしたり、メモに残したりすることで、やることや買い物を把握しているのですが、

そうしないと、うわあああああぁぁぁぁぁぁぁってなってしまうんですよね。

何もできなくなる、要するにフリーズ状態です。

部屋を整理整頓する癖がつけば、脳内フリーズも起こりにくくなりますかね。

記事を書いていて思った、まずはデスク周りだけを綺麗にしよう

堂々と人を呼びたい、脳内パンクをなくしたい、という想いから、整理整頓をしたいなという想いが出てきました。

そうです、この記事を書いて出てきました。

考えながら書くと、こういう想いが出てくるので良いですね。

(多分、直筆で書いているともっと想いが出てくるのだと思いますが)

ただ、いきなり100点を目指すのは無理ですので、まずは身近なものから。

私は毎日在宅テレワークで、自宅デスクは毎日使います。

ということで、、、

宣誓!僕たち、私たち、デスク周りに置くものを限定します!!

f:id:koba_ji:20220414205948p:plain
こばじの選手宣誓

置くものは、

  • カレンダー(パソコンのカレンダーよりもよく使う)
  • テレビ(パソコンの拡張モニターとして使います)
  • パソコン
  • キーボード
  • マウス

に限定します。

その他のもの、例えば

  • ペン
  • 手帳
  • テレビのリモコン

などは他の場所に置きます。

この時、他の場所とは??というのも決めておかなければいけないので、

すべて住所を決めました。

そして、毎晩リセットです。デスクの上に本を並べて仕事をしたり、ノートで書き物をしたりするのは普通のことです。

それを毎晩片付けます(例外として、翌朝使う場合のみ、デスクの上に出しっぱなしでもOK)。

とりあえずこのようなルールで運用してみます。

2週間やってみて、振り返りをまた記事にしてみます。

まとめ

この記事では、以下のことをお伝えしました。

  • こばじは整理整頓が苦手
  • 面倒くさがり
  • 脳内をきれいにしたい
  • まずは2週間、デスク周りを整理整頓する

おわりに

部屋がきれいっていうのは単純に良いなと思うので、少しずつ整理整頓していきます。

皆さまのお部屋について、お題の記事を参考にしますね!

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!