こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【硬貨預金手数料対策】銀行口座から硬貨単位をなくす方法

こばじです。

最近、ATMや銀行で硬貨を取り扱うのに手数料が発生すること、増えていますね。

硬貨の入出金にお金がかかるから、口座から硬貨単位をなくしたい…、

という方もいらっしゃるかもしれません。

こばじもそのひとりです。

今回は、電子マネーを使っている方や、ネット銀行等で振込手数料無料枠を持っている方向けに、

銀行口座から硬貨単位をなくす方法を共有します。

この記事で、以下がわかります。

  • 銀行で硬貨を扱うのに手数料がかかる時代になっている
  • 銀行口座から無料で硬貨単位を引き出す方法がある

目次

はじめに

アフィリエイトではないです

まずお断りすると、この記事はアフィリエイトや案件などではございません。 すべて一素人の見解です。

簡単な自己紹介

静岡県在住でIT企業に勤める20代です。

キャッシュレスから始めて、細々と投資を続けています。

5年前までは赤い大手銀行、青い大手銀行、緑の大手銀行、郵便業もやっている銀行を使っていましたが、

今ではネット銀行のみ使っています。

硬貨取り扱いに手数料がかかる時代

様々なメディアでもニュースになっているとおり、各銀行は硬貨取り扱いにも手数料がかかるようになっています。

ゆうちょ銀行が硬貨での入金手数料を設定した話は比較的新しいですね。

www.nhk.or.jp

この記事では、手数料導入の理由として

「硬貨扱いが増え、(ATMに限らず)機械の故障が増えたため」と書いていますが、

真の理由は「金利の今、そうでもしないとビジネスが立ち行かないから」であると、

私は本気で思っています。

理由はともかく、硬貨の取り扱いにお金がかかる時代になっているのは事実です。

銀行口座から硬貨単位をなくす方法

硬貨に手数料が発生するけど、某大手銀行から全額移動させたい…という方、

いらっしゃるのではないでしょうか。

私は超低金利の大手銀行に1円でも入れておくのがもったいなく感じているため、

大手銀行の残高はできるだけ0円にしています。

ではどうやっているのか?

以下の方法を説明します。

  • PayPayなどに入金
  • ネット銀行の振込手数料無料枠を利用→ATMで紙幣として引き出し

PayPayなどに入金

PayPayやその他の電子マネーに入金しています。

例えばPayPayでは、1円単位で銀行口座からPayPayとして入金することができます。無料で!

そうすることによって、大手銀行の残高を0円にすることに成功しています。

大手銀行口座からPayPayへ入金する方法は以下をご覧ください↓↓

paypay.ne.jp

ネット銀行の振込手数料無料枠を利用→ATMで紙幣として引き出し

ネット銀行口座を持っている方はこの方法も使えます。

ただし、以下の前提があります。

大手銀行における紙幣の引き出し手数料が無料であること

この条件を満たさない場合は、他の方法を使うか、紙幣単位でのみ引き出しましょう。

さて、ネット銀行の多くは、他行振込手数料無料枠が設定されています。

それを利用するのです。

例えば、大手銀行Aに999円入金されているとします。

この時、ネット銀行Bの振込手数料無料枠を使って、Aに対して1円を振り込むのです。

その後、ATMでAから1000円を引き出せばOKです!

究極的には口座解約も視野に!

こばじさーん、使いにくいって思っているなら解約すればいいじゃん!

そのような声も聞こえてきそうですね。

ただ、私の場合、知人との金銭授受でどうしても大手銀行口座が必要なため、

その大手銀行口座を解約できないのです。

しかし、そのような場合でなければ口座の解約も視野に入れることを推奨します。

いずれ口座維持手数料なども発生する時代が来るかもしれません。

なんてったって、硬貨引き出しでさえ手数料を発生させないと、

銀行が利益を得られない時代になっているのですから。

使わないなら、解約するのも手だと思います。

まとめ

この記事では、以下のことを紹介しました。

  • 銀行で硬貨を取り扱うのに手数料がかかる時代になっている
  • 銀行口座から無料で硬貨単位を引き出す方法がある
    • 電子マネーに送金する
    • ネット銀行の振込手数料無料枠を使って硬貨単位をなくす

おわりに

まさか硬貨を扱うのに手数料がかかるとは思いませんでした。

1円貯金で貯めた硬貨100枚を預金するのに330円かかってしまい、結果損した

のようなジョークが実際に起こりうる時代なんですね。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!