こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【料理】おいしいと言って食べてくれる人がいるから作り甲斐がある

こばじです。

突然ですが、田舎のおばあちゃんみたいなことを言います。

おいしいと言って食べてくれるから、作り甲斐がある。

最近心からそう思うので、それを記事にしてみます。

この記事で、以下についてお話ししています。

  • こばじは料理が好き
  • 1人だけだと作らない
  • 要するに彼女が大好きです(惚気…?笑)

では早速まいりましょう。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住でIT企業に勤める20代男性です。

冒頭で自分のことを「おばあちゃんみたい」と自称しましたが、

男性なので私はおばあちゃんにならないと思います。

こばじは料理が好き

私は料理が好きで、中学生の頃からちょくちょく料理をしていました。

大学生の頃にたくさん経験して、今も活きています。

これまで作ってきた料理を一部紹介します。

f:id:koba_ji:20220403133503j:plain
マカロニグラタン

f:id:koba_ji:20220403133521j:plain
チキンステーキ

f:id:koba_ji:20220403133546j:plain
ブルーベリータルト

f:id:koba_ji:20220403133600j:plain
お好み焼き(お店で注文して自分で作ったやつ)

ちなみに、マカロニグラタンとチキンステーキは数年前、

イギリスに留学していた時に作ったものです。

機会があれば留学体験記なども記事にしてみます^^

1人だけだと作らない

お写真をご覧いただくとお分かりいただけるかと思いますが、いずれも他の人にふるまうために作っています。

お好み焼きは、原材料はお店の方でご用意いただいているので

人に「ふるまう」という言い方はふさわしくないかもしれませんが(笑)

これ、自分だけしか食べないのであればここまで作れません…。

誰かに食べてもらえる、さらに言えば、

お世辞でも「おいしい」と言ってもらえることがとても嬉しくて作っています。

「おいしい」と思うかどうかは受け手によって異なるため、

いつもおいしいと思ってもらえるわけではありませんが、

誰かのために作るのが嬉しくて作っています。

要するに彼女が大好きです(惚気…?笑)

「誰かのために作るのが嬉しい」とお伝えしましたが、

今はそれが私の彼女です。

おいしそうに食べてくれるんですよね。

「味薄い」など思っているかもしれませんが、それでも食べてくれます。

それが嬉しいです。

これからも彼女のためにも作っていきたいです(それってこばじの感想ですよね)。

これ以上話すと惚気が増すので控えますね(笑)

まとめ

この記事では、以下のことを紹介しました。

  • こばじは料理が好き
  • 誰かに食べてもらいたい
  • 「誰か」というのは、今は彼女。嬉しい。

おわりに

これらの写真は、昔の写真から見つけました。

昔の写真を見ていると、当時のことを色々思い出して懐かしくなりますね。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!