こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【こんな人になりたい】電卓の「00」キーを生み出せる人

某デパートで10万円以上の買い物をするこばじ。

店員さんが電卓を見せながら計算をしてくれます。

そのとき、ふと思いました。

電卓の「00」キー、こういうとき便利だなぁ

以上です。

…としてもよかったですが、せっかくなので記事にしてみました。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住でIT企業に勤める20代です。

経理や簿記の勉強や実践をしているわけではないため、電卓を使うことはほぼありません。

暗算できないレベルの計算は、基本的にいつもExcelを使っておこなっています。

電卓といえば?

皆さま、電卓をイメージしてみてください。

題名に「00」キーと書いてしまっている以上、一定数の方は「00」キーのついた電卓を意識されるかもしれません。

しかし私は「00」キーのついていない電卓をイメージしていました。ちょうどこんな感じに↓↓

f:id:koba_ji:20220320124749p:plain
こばじイメージの電卓

いらすとや様で「電卓」と検索してヒットする電卓は、いずれも「00」キーのついていないものでした。

ということは、「00」キーのついていない電卓がメジャーと言っても良いのかもしれないですね。

なくても困らない?

この記事の内容を考えていた時には、「00」キーはなくても困らないものだと思っていました。

題名も"【なくても困らない】電卓の「00」キー"にしようと思っていたほどです。(笑)

なくても業務はこなせると思いますが、実際に利用シーンを深く考えてみたら、うまく使いこなせれば便利かなと思います。ちょうど冒頭で述べた、高額の計算をするときなど。

つまり、「あったらいいな」なんですね。

あったらいいな、電卓の「00」キー

利用シーンを踏まえ、「00」キーにも需要があるなぁと感じました。

小林製薬のキャッチコピーにも含まれている「あったらいいなを」。それを生み出せるような人になりたいな、と思いました。

おわりに

ふと気づいたことを記事にしてみました。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!