こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【節電!?】「looopでんき」に契約して時間別電力使用量がわかった!

2ヶ月弱前に、looopでんきに切り替えた記事を書きました。

実際使ってみて思ったことをいくつか紹介します。

目次

はじめに

アフィリエイトではないです

まずお断りすると、この記事はアフィリエイトや案件などではございません。 すべて一素人の見解です。

簡単な自己紹介

静岡県在住でIT企業に勤める20代です。

おさらい

前回投稿した記事のおさらいをしておきます。見出しを見ていただき、既に知っているよーっていう方は読み飛ばしていただいて構いません。

電気の品質に違いはない

今日では、電力会社を自由に選べるようになっています。

こばじさーん、それくらい知ってるよ!でもよくわからない会社の電気って品質大丈夫なの??


そういった声があるかもしれません。しかしご安心ください。

電気の供給はその地域の大手電力会社のまま、販売のみ他の電力会社となっています。

そのため、電気の品質に違いはありません。

詳細は「looopでんき」さんの下記ページが参考になると思います。

looop-denki.com

結論から言うと電力会社による電気の品質に違いはありません。なぜなら電力自由化により自由化されているのは「発電」と「販売」のみであり、「送配電線」は大手電力会社が分社化され、公平性・透明性を確保しながらこれまで通りの供給を行っているためです。

よくある電気料金体系は次の3つ

次に、電気料金の体系についておさらいしておきます。

契約、電力会社によって異なります。

  • 基本料金+従量料金(段階別)
  • 基本料金+従量料金(一律)
  • 基本料金0円+従量料金(一律)


基本料金+従量料金(段階別)」は大手電力会社に多いですね。基本料金が毎月発生するものです。

それとは別に利用した分だけ電気料金が発生します。これが従量料金です。従量料金単価は使用量に応じた段階料金となっていて、使えば使うほど単価は高くなる傾向にあります。

つまり、使用量が少ない場合は単価がとても安いけれど、使用量が多いと単価がとても高くなる、というものです。


基本料金+従量料金(一律)」は、基本料金が毎月発生します。ただ、この基本料金は、「基本料金+従量料金(段階別)」の場合よりも基本料金は安いことが多いです。

従量料金の単価は一律料金で、その単価は中くらいです。


最後、「基本料金0円+従量料金(一律)」では、基本料金は発生しません。一律単価の従量料金が発生するため、電気料金の計算が容易です。ただこの一律従量料金、単価は高いです。

※その他、「市場連動型」といった料金体系や、「燃料費調整」や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」といった料金などがありますが、それらは割愛しています。

looopでんきとは?

looopでんきは、「基本料金0円+従量料金(一律)」で計算される電力会社です。

looop-denki.com


つまり、従量料金単価は高いですが、基本料金が0円であるのが特徴です。


ここまでで簡単におさらいをしました。より詳細が気になる方は、是非過去の記事をご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

使ってみた感想

ここからは、looopでんきを使った感想を紹介します。

そうか、月1000円の不労所得に繋がるのか!

まず、私の場合毎月の料金が1000円安くなりました。

これ、他の言葉で表現すると、


契約変更という副業を1回やっただけで、毎月1000円の不労所得が得られている


ということになります。個人的にはとても嬉しいです。

まだ数ヶ月の実績なので、今後も1000円の不労所得が続くかはわかりませんが、大手電力会社よりも安いというのは変わらないと思います。

また、注意点として、全員が全員安くなるわけではない旨挙げておきます。

特に「契約アンペアが少ない(30A以下)」「電力使用量が少ない(月120kWh以下)」の方は安くならない、むしろ高くなる可能性があります。

こばじさんのいうとおりに契約変更したけど、、安くなっていないよ!むしろ高くなった!!!

…行動は自己責任ですが、↑のようなことを防ぐためにも、試算はしましょう。

これだけじゃない、電力使用量が多くなる原因がわかりやすい!

あれ、今月電気料金高くない??

そんな経験ないでしょうか。

「looopでんき」では、直近の時間別電力使用量をグラフで閲覧できます。

こんな感じです↓↓

f:id:koba_ji:20220319113116p:plain
こばじ家の電力使用量がグラフに!

これにより、電力使用量が多いことがあれば、その時間帯にやっていたことがその原因であるとわかります。

今回の場合、3/12(土)の11:00は電力使用量が多いですね。その原因を振り返ると「この時は衣類乾燥機を使っていた!」と特定できます。

1ヶ月間の使用量と電気料金だけ渡されても原因がわかりにくいですが、これなら原因がわかります。

そこから節電に繋げることもできるのではないでしょうか。

最悪、万一盗電されている場合も、気づきやすくなります。

もっと!HTMLとExcelを知っていると過去1ヶ月の時間別電力使用量もわかる!?

こばじさーん、グラフは過去1週間分しか見られないの?それじゃあ毎週チェック必須で面倒じゃん!!!

そのような声もあるかもしれません。マメな方であれば毎週欠かさずチェック、ということもできるかと思います、が私にはできません。

代わりに、グラフ表示のソースをいじって過去1ヶ月分のデータを取り、Excelに貼り付けて条件付き書式を設定すれば、データの半永久保存ができます。こんな感じ↓↓

f:id:koba_ji:20220319112936p:plain
時間別電力使用量から、料金が高い原因特定→解決に繋げられる。

…こばじさん、ちょっと何言ってるかわからない!!!

そんな方もいらっしゃるかもしれません。解説や詳しいやり方は機会があれば紹介しますね。HTMLとExcelのスキルが必要なので、この記事に盛り込むには情報量が多すぎます(笑)

おわりに

今回は節電や節約に繋がる話をしました。

皆さまは普段節電や節約のために心掛けていることはありますか?是非コメントで教えてください。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!