こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【ロシア】戦争反対のプラカード、自分ならどうする??

Twitterを見て知りました。

ロシア国営テレビで「戦争反対」のプラカードを掲げる女性の話を。
ウクライナへ侵攻する部隊の中に、戦わずに降伏する人の話を。

そこで、自分がもしロシア出身・在住の人間だったらどうするか、主にプラカードの記事をもとに考えてみました。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県在住で、IT企業に勤める20代男性です。

プラカードのニュース

BBCニュースをはじめ、多くのメディアがこのことを取り上げています。

www.bbc.com

とても簡単にまとめると、

ロシアの侵攻に反対するニュース番組の編集者が、生放送中に「戦争反対」「プロパガンダを信じないで!」というプラカードを掲げた話です。

ニュースを読んで、心打たれました。自分の正義を貫く、かっこいい方だなと尊敬しました。

さて、私がロシア出身・在住で同じようにニュース番組を編集していたらどうしていたのでしょうか。

もっと身近な例でもいいです。会社で上司から改ざんを命令されたら…(※命令されたことはありません。今後もされません。)

…例を考えてみましたが、次元が違い過ぎましたね。会社からの悪い命令だったら、万が一あったとしても逆らえますし逆らいます。

が、国家となると話は変わるかもしれないですね。

考えられる行動選択肢

主に以下が選択肢として考えられると思います。ありたい姿は1つ目の選択肢です。が、実際はどうでしょうか。

  1. 自分の正義を貫く(彼女と同じことをする)
  2. 疑いながらも、自分の身を守るために任務を全うする
  3. 疑いながらも、国のために任務を全うする
  4. (※本心ではないです)「ロシアは侵攻しておらず、正義のために戦っている」と信じ、任務を全うする

1. 自分の正義を貫く(彼女と同じことをする)

これ、上述したとおり、ありたい姿です。また、あるべき姿だと思います。

しかしそれをすると拘束される(現に彼女も拘束されているらしいとBBCも報道しています)ほか、下手したら命の保証はありません。

北朝鮮や中国で体制を批判するように、命の保証はないでしょう。

と思うと、私にはとてもできません。

2. 疑いながらも、自分の身を守るために任務を全うする

多分この行動を取るかと思います。ただ、これは長続きしないだろうなって思います。やりたくないことをやるのですから。心身ともに疲弊します。

3. 疑いながらも、国のために任務を全うする

家族や愛する人のために、であればわかるのですが(以下略)。

4. (※本心ではないです)「ロシアは侵攻しておらず、正義のために戦っている」と信じ、任務を全うする

これも十分ありうるかと思います。ロシアが発信するニュースを見ていれば、ロシアは正義のために戦っていると思う可能性があります。

念のため断っておくと、見出しでもお伝えしていますように現在の私は、このようなことを1ミリも思っていません。

東側諸国の人間であれば、もしかしたら「4」もありうるのかも

話の抽象度を少し上げます。ロシアや中国といったいわゆる「東側諸国」であれば、先ほどの選択肢4を取る可能性もあります。

というのも、今の国際社会は「欧米(西側諸国)vs中露(東側諸国)」という大きな構図があります。

この構図から、中露をはじめとした東側諸国にいる限り、東側諸国の情報・主張が正しいと思う可能性は十分にありますよね。

そのため、選択肢4を取る可能性も十分あると思いました。

詳しくは以下の記事でも解説しているので、よかったらご覧ください↓↓

kobaji.hatenablog.com

おわりに

今回の件に留まらず、自分の正義を貫ける人はかっこいいと思います。

皆さまは今回の出来事についてどのように思われましたか?良かったらコメントで教えてください。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!