こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の好きなところ

ハリー・ポッターシリーズが大好きな私。「ハリー・ポッターと謎のプリンス」をまた読み返したので、

好きなところを語ります。

ハリー・ポッターシリーズ第1巻~第7巻まですべて読んだ方向けですが、本作品だけでも知っていれば楽しめる記事となっています。


目次

はじめに

関連記事

ハリー・ポッターシリーズそのものが好きであることを語った記事を書いています。よかったらご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

また、前作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」に対する愛を語ったこちらの記事も、是非ご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

アフィリエイトではないです

まずお断りすると、この記事はアフィリエイトや案件などではございません。 すべて一素人の見解です。

自己紹介

IT企業に勤める20代です。

小学生の頃からハリー・ポッターシリーズを読み始め、現在までに20周以上読んでいます。

映画も5周以上は見ています。

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ここからは「ハリー・ポッターと謎のプリンス」について語っていきますね。

簡単な紹介

ハリー・ポッターシリーズの第六作である本作品。

イギリス、サレー州(ロンドンの南西部です)に住む15歳の少年、ハリーは魔法使いです。魔法学校であるホグワーツの校長、ダンブルドアと一緒にとある人のもとへ行きます。空いているポストの教授職をオファーするために。

その人、ホラス・スラグホーンへのオファーは成功します。実はこのスラグホーン氏には重要な秘密があったのです。数年前に復活した闇の魔法使い、ヴォルデモートについての重要な秘密が。…これ以上は控えますね!(笑)

思い出したい方は本を読み返しましょう!

www.sayzansha.com

www.sayzansha.com

www.sayzansha.com

好きなところ

この作品の好きなところを語っていきます。

フェリックス・フェリシスを使用していないロン

魔法薬学の授業にて競争が行われ、それに優勝したハリーは「フェリックス・フェリシス」と呼ばれる幸運の液体を手に入れます。

それは、飲むととても幸運になれる液体で、何もかもうまくいくものになります。そのため、クィディッチなどで使用することは禁じられているわけです。ドーピングになりますからね。

んで、ハリーの親友であり、ハリーと同じクィディッチチームに所属するロンが試合の日にそれを飲んでしまうのです(実際には飲んだと思い込んでいるだけ)。

その結果、フェリックス・フェリシスを飲んだと思い込んだロンは、その日のクィディッチで大活躍するのでした。

非魔法界の言葉でいう「プラシーボ効果」ですね。

ちなみに、誰がいつ飲ませたのか、または飲ませたふりをしたのか覚えていない方は、本を読み返してみましょう^^

ジニー・ウィーズリーとの恋

またまたウィーズリー家との話です。ハリーはこの作品中で、ロンの妹であるジニーと付き合うことになるんです。

ハリーは1年前に別の女の子と付き合っているのですが、その恋は長続きせず、数ヶ月で破局してしまいました。

今度のジニーとはうまくやっていけるのでしょうか。そしてジニーはハリーの親友、ロンの妹ですが、ロンともうまくやっていけるのでしょうか?

おまけ:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の原題は、「謎のプリンス」ではなかった!?

本のタイトルである「ハリー・ポッターと謎のプリンス」ですが、原題(英語版)は"Harry Potter and the Half Blood Prince"です。諸事情により日本語への直訳はしませんが、直訳しても「謎のプリンス」にはならないですよね。

これは日本語訳を手掛けた松岡佑子さんが原作者のJ・K・ローリング氏から許可を受けてつけた邦題です。

おわりに

読んでいただきありがとうございました。

好きなところを紹介しましたが、この本、「謎のプリンス」は、本当に暗いストーリーです。これまで紹介してきた「賢者の石」「秘密の部屋」などは比較的明るいですが、これは本当に暗いです。

皆さまはハリー・ポッターシリーズ好きですか?どの作品、どのシーンが好きですか?是非教えてください。

また、感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。 気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!