こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【世界の見方】「敵の敵は味方」~ロシアとウクライナ、理解を深める3つの考え方①~

「ロシアがウクライナに侵攻した」というニュースが入っていますね。

一体何が起きているのか。それを理解するのに役立つ、世界の見方を3つ紹介します。


目次

はじめに

簡単な自己紹介

国内外の歴史を知ること、海外旅行することが大好きな20代です。

歴史については、中学で学んだ歴史がきっかけで興味を持っています。

旅行については、多い時は数ヶ月に1回ペースで海外旅行し、パスポートページの多くを出入国のハンコで埋め尽くしています。残念ながらここ数年は、某感染症の影響で海外旅行はご無沙汰ですが…。

世界の見方3つ

「ロシアがウクライナに侵攻した」というひとつの出来事がニュースになっていますね。

それを理解するのに役立つ3つを複数記事に分けて紹介します。

今回は1つ目、「敵の敵は味方」という考えです。

敵の敵は味方

まずは、「敵の敵は味方」という考え方です。

AさんとBさんの仲が悪く、AさんとCさんの仲も悪い。そうするとBさんとCさんは仲が良くなるという仕組みです。

f:id:koba_ji:20220225232905p:plain
敵の敵は味方

これは、BさんもCさんもAさんという共通の敵がいるから仲が良くなっています。

皆さまの周りでも、共通の敵がいるから仲良くなる関係にある、という人たちがいるかもしれませんね。

実はこれ、世界でも起きています。

その一例が、第二次世界大戦(1939-1945)の構図です。

当時は「日本・ドイツvsアメリカ・ソ連(今のロシアやその近隣国の集合体)」という構図でした(他にも多くの国を巻き込んでいます、なんてったって世界大戦なので)。

アメリカとソ連が手を組んだのは、彼らにとって日本やドイツという共通の敵がいたためです。

しかしこの「敵の敵は味方」という考えは、共通の敵がいることが前提になります。

1945年、第二次世界大戦で日本・ドイツはアメリカ・ソ連に敗戦しました。その結果、アメリカ・ソ連目線では共通の敵がいなくなったわけです。これで構図が変わります。

文量が多くなってきたので、2つ目以降の考え方は次の記事で紹介します。

こちらをご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

おわりに

読んでいただきありがとうございました。 皆さまは今回の出来事をどのように見ていますか?少しでも理解を深めるきっかけになればと思い投稿しました。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。 気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!