こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の好きなところ

ハリー・ポッターシリーズが大好きな私。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」をまた読み返したので、

好きなところを語ります。

ハリー・ポッターシリーズ第1巻~第7巻まですべて読んだ方向けですが、本作品だけでも知っていれば楽しめる記事となっています。


目次

はじめに

関連記事

ハリー・ポッターシリーズそのものが好きであることを語った記事を書いています。よかったらご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

また、前作「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に対する愛を語ったこちらの記事も、是非ご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

アフィリエイトではないです

まずお断りすると、この記事はアフィリエイトや案件などではございません。 すべて一素人の見解です。

自己紹介

IT企業に勤める20代です。

小学生の頃からハリー・ポッターシリーズを読み始め、現在までに20周以上読んでいます。

映画も5周以上は見ています。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ここからは「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」について語っていきますね。

簡単な紹介

ハリー・ポッターシリーズの第三作である本作品。イギリス、サレー州(ロンドンの南西部です)に住む12歳の少年、ハリーは両親がおらず、親戚のもとで暮らしています。

そんなある日、マージおばさんというハリーの親戚が家を訪れます。マージおばさんはハリーを挑発し、ハリーは魔法を使ってしまいます。

魔法界以外で使ってはいけないので、ホグワーツを退学になる…と思いきや誰も退学にしません。それどころか魔法界のみんなはハリーに甘くなっています。

というのもこのとき、ハリーの身に危険が迫っていたのです。これ以上は控えますね!(笑)

思い出したい方は本を読み返しましょう!

www.sayzansha.com

www.sayzansha.com

好きなところ

この作品の好きなところを語っていきます。

ルーピン先生との出逢い

ホグワーツで学ぶ科目の中に、「闇の魔術に対する防衛術」というものがあります。その科目は毎年教授が変わることから、生徒たちの間で呪われていると噂されているのですが、ルーピン先生が着任しました。

実はこのルーピン先生、ハリーのお父さん、ジェームズの親友でした。ハリーにとって自分の親の親友に出逢うのは初めて。そんなルーピン先生との出逢い、ルーピン先生の授業、ルーピン先生の考え方が好きです。

特にルーピン先生の、「吸魂鬼(ディメンター、魂を吸い取る生き物)により魂を抜かれ、空っぽの抜け殻になることが当然の報いになる人はいるのか?」という気持ちに心打たれました。ルーピン先生にとって親しい人が、ディメンターに魂を抜かれることを思っていたであろうからこそ…。

新しい箒との出逢い

ハリーは、一年生の頃からずっとクィディッチ(箒に乗って球をゴールに入れるゲーム)の寮代表選手です。当初からニンバス2000と呼ばれる箒を使っていたのですが、不運の出来事によって失ってしまいます。

その後、誰かから新しい箒が送られてきます。それが「ファイアボルト(炎の雷)」です。名前かっこよすぎますよね!!そしてこのファイアボルト、今後ハリーを何度も助けてくれます。

かわいい女の子との出逢い

話は急にロマンティックになります。

ハリーはクィディッチで、レイブンクロー寮と試合をします。このとき、レイブンクローのシーカー(ゲームのキーポジション、ハリーはグリフィンドールのシーカー)であるチョウ・チャンがかわいいことに気付いてしまうのです。今後の恋の行方はどうなるのか、この時から気になってしまっていました!!

おわりに

読んでいただきありがとうございました。 皆さまはハリー・ポッターシリーズ好きですか?どの作品、どのシーンが好きですか?是非教えてください。

また、感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。 気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!