こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の好きなところ

ハリー・ポッターシリーズが大好きな私。「ハリー・ポッターと秘密の部屋」をまた読み返したので、

好きなところを語ります。

ハリー・ポッターシリーズ第1巻~第7巻まですべて読んだ方向けですが、本作品だけでも知っていれば楽しめる記事となっています。


目次

はじめに

関連記事

ハリー・ポッターシリーズそのものが好きであることを語った記事を書いています。よかったらご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

また、前作「ハリー・ポッターと賢者の石」に対する愛を語ったこちらの記事も、是非ご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

アフィリエイトではないです

まずお断りすると、この記事はアフィリエイトや案件などではございません。 すべて一素人の見解です。

自己紹介

IT企業に勤める20代です。

小学生の頃からハリー・ポッターシリーズを読み始め、現在までに20周以上読んでいます。

映画も5周以上は見ています。

ハリー・ポッターと秘密の部屋

ここからは「ハリー・ポッターと秘密の部屋」について語っていきますね。

簡単な紹介

ハリー・ポッターシリーズの第二作である本作品。イギリス、サレー州(ロンドンの南西部です)に住む11歳の少年、ハリーは、魔法界以外で使ってはいけないことを親戚に隠しています。

しかしそれがバレてしまい、それどころか部屋に閉じ込められてしまいます。その原因となったのは、小柄の妖精、ドビー。「屋敷しもべ妖精」と呼ばれるドビーは、とある家に仕えるしもべなのです。そこからハリーにとある警告をします。

ホグワーツに戻ってはいけない」という警告。当然ハリーはホグワーツに戻ります。が…、次から次へとトラブルが発生します。これ以上は控えますね!(笑)

思い出したい方は本を読み返しましょう!

www.sayzansha.com

www.sayzansha.com

好きなところ

この作品の好きなところを語っていきます。

「デマカセー ゴマカセー!」

ハリーが親戚の家、つまり魔法界の外で魔法を使ったシーンです。魔法といってもデタラメの魔法です。

ハリーをいじめる従兄弟、ダドリーに一矢報いるためにハリーが魔法(もどき)を使うシーン、それに怯えるダドリー。その構図が滑稽で好きです。

ダンブルドア校長の前言撤回

ホグワーツの校長、ダンブルドア

ダンブルドアはハリーやロンに対し、「今度校則を破ったら退学もやむを得ない」と警告していました。そのさなか、最終的にいくつもの校則を破ったハリーとロン。しかし、校則を破ったことでホグワーツを守ったことにより、ダンブルドアは退学処分を見送りました。前言撤回です。

ダンブルドアの優しさが伝わってきて好きです。

余談ですが、ダンブルドアのフルネームは、「アルバス・パーシバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア」です。ミドルネーム多いですね。

ハリーがドビーに靴下をあげる

最後はこちら。ハリーはドビーにプレゼントとして靴下をあげます。

実はドビーのような「屋敷しもべ妖精」は、ご主人様から衣服をもらうことで解放され自由になれる、というルールがあります。

ドビーは自由になりたいものの、ご主人様はそれを許しません。

ハリーは自分の靴下を、ある経緯により、ご主人様からドビーにプレゼントさせます。

ある経緯とは何か、そしてご主人様は誰なのか。ご存知の方はご存知かと思いますが、伏せておきますね^^

おわりに

読んでいただきありがとうございました。 皆さまはハリー・ポッターシリーズ好きですか?どの作品、どのシーンが好きですか?是非教えてください。

また、感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。 気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!