こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【株式移管】WEBで完結!!楽天証券で保有する日本株式をSBI証券に移管してみた。

日本株式に少しずつ投資をしている私。このたび株式移管をしてみました。

WEBで完結できて簡単だったので、そのときのことをまとめてみます。


目次

はじめに

想定する読者

簡単な自己紹介

IT企業に勤める20代です。

投資に関する経験は以下です。

種類
つみたてNISA 3年
日本株式投資(優待目的でイオン、すかいらーくをメインに保有) 2年
外貨預金 2年(税金手続きが面倒でやめています)
ロボアドバイザー(Wealthnavi) 半年(案の定手数料の高さに悲しみを覚え半年で辞めました)

株式移管とは

株式移管とは、簡単に言うと「自分の株を管理する証券会社を変える」ことです。

今回の私の場合で言うと

になります。

株式移管の経緯

もともと社会勉強の一環として、楽天証券でつみたてNISAと日本株式をやっています。

当初は優待目的で、イオンやすかいらーく等の株式を購入していました。

そんな中副収入を得たいという想いが出てきて、そこから高配当株投資に長期投資したいという想いが出てきました。

その際、単元株ではなく単元未満株で投資した方が少ない資金で運用できると考え、単元未満株に目を付けました。

単元未満株に目を付けると、SBI証券のS株が買付手数料実質0円でお得だと理解したため、SBI証券にしたのです。

SBI証券のS株については公式の説明をご覧ください。

www.sbisec.co.jp

楽天証券保有している株をすべてSBI証券に移管した方が管理が楽だと思い、移管に目を付けました。

方法

ここでは実際にやったことをまとめています。

なお、以下すべて手数料が発生せず、無料で行うことができます。

SBI証券への入庫方法

まず入庫側の説明を読んでみました。

SBI証券公式サイトの説明(以下)を参考にしています。

site3.sbisec.co.jp

上述しているとおり、また以下のとおり、入庫手数料は無料です。

無料でご利用いただけます。(移管元の証券会社では費用がかかる場合がございます)

また、以下のとおり、手続きは出庫側または入庫側の片方のみです。両方でやらない、ということですね。

口座振替依頼書」「特定口座内上場株式等移管依頼書」は、通常、現在株式をお預けされている証券会社においても同様の書類が用意されておりますので、そちらでのお手続きも可能です。

手続きの詳細は公式サイトの方が参考になると思いますので、そちらを参照してください。

続いて出庫側の説明も読んでおきます。

楽天証券からの出庫方法

楽天証券公式サイトの説明(以下)を参考に進めました。

www.rakuten-sec.co.jp

出庫するときのメモを簡単にまとめると以下です。

  • 貸株サービスを利用している場合は、あらかじめ返戻する必要がある。
  • 既述のとおり、出庫手数料は無料

実際に手続きを試そうとしたところ、あることに気付きました。それは…

楽天証券からの日本株式出庫はWEBで完結する!

これ、とても便利です。

実はSBI証券側で手続きしようとしていたのですが、SBI証券は郵送手続きなのが嫌だなぁと思っていたんですね。

そんなとき、楽天証券ではWEBで手続きを完了できると知りました。とても嬉しい…!

以下の画面(これは楽天証券にログインした後の画面)に明記されていました。

f:id:koba_ji:20220208213810p:plain
楽天証券日本株式出庫はWEBで完結します!

早速やってみます。本当に簡単で、3分でできてしまいました。

移管手続き完了後は以下のような画面が表示されます。通知はないので自分で確認してね、とのことです。

f:id:koba_ji:20220208213733p:plain
進捗確認は自分でしてね!とのことです。

楽天証券から保有が消えていることを確認

翌日には、楽天証券での保有銘柄が0になっていることを確認しました。SBI証券には入庫されていないので、移管手続き中なのでしょう。

SBI証券で入庫確認

楽天証券で移管手続きをしてから5日(3営業日)後、SBI証券に移管されました。楽天証券保有していた銘柄がちゃんと移管されています^^

f:id:koba_ji:20220208214427j:plain
SBI証券に移管された!

これらが楽天証券から移管されました。簡単でした!

おわりに

読んでいただきありがとうございました。

正直こんなに簡単に移管手続きができるとは思っていませんでした。ありがたい限りです。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。 気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!