こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

「ハリー・ポッターと賢者の石」の好きなところ

ハリー・ポッターシリーズが大好きな私。「ハリー・ポッターと賢者の石」をまた読み返したので、

好きなところを語ります。

ハリー・ポッターシリーズ第1巻~第7巻まですべて読んだ方向けですが、本作品だけでも知っていれば楽しめる記事となっています。

なお、お察しの通り全巻に対して記事にしていくつもりですが、ハリー・ポッターシリーズに対する記事の更新頻度は状況を見て決めます。ひとまず週1ペースを検討しています。


目次

はじめに

関連記事

ハリー・ポッターシリーズそのものが好きであることを語った記事を書いています。よかったらご覧ください。

kobaji.hatenablog.com

アフィリエイトではないです

まずお断りすると、この記事はアフィリエイトや案件などではございません。 すべて一素人の見解です。

自己紹介

IT企業に勤める20代です。

小学生の頃からハリー・ポッターシリーズを読み始め、現在までに20周以上読んでいます。

映画も5周以上は見ています。

ハリー・ポッターと賢者の石

ここからは「ハリー・ポッターと賢者の石」について語っていきますね。

簡単な紹介

ハリー・ポッターシリーズの第一作である本作品。イギリス、サレー州(ロンドンの南西部です)に住む10歳の少年、ハリーは、まだ赤ちゃんの頃に両親を交通事故で亡くし、親戚の家に預けられていました。その親戚(ハリーのおば一家、バーノンおじさん、ペチュニアおばさん、従兄弟のダドリー)にいじめられるハリー。友達もおらず、学校でもいじめられます。

そんなある日、ハリー宛に郵便が届きます。友達もいないハリーに郵便なんて来るはずがない。そんなことを思っていたバーノンおじさんとペチュニアおばさんは、「H」と書かれた封筒に怯えます。

その郵便物は、ホグワーツ魔法魔術学校からの入学書類でした。そう、ハリーは魔法使いだったのです。これ以上は控えますね!(笑)

思い出したい方は本を読み返しましょう!

www.sayzansha.com

www.sayzansha.com

好きなところ

この作品の好きなところを語っていきます。

ネビルの勇敢なところ

ホグワーツでのハリーの同級生に「ネビル・ロングボトム」という子がいます。彼は臆病で、勉強も魔法もうまく使えません、今は(意味深)。

そんなネビルが勇気を出して立ち向かうシーンがあります。それが次の2シーンです。

マルフォイたちに立ち向かった

ハリーやネビルが所属するグリフィンドール寮生と特に敵対する寮、スリザリン。そのスリザリンに所属するドラコ・マルフォイと彼の仲間たち。 ネビルは臆病でありながらも、彼らにしっかりと自分の意見を主張します。

その結果ボコボコにされて気を失い、医務室行きとなるのですが、その姿勢はとてもかっこよかったです。

ハリーたちに立ち向かった

ネビルはハリーと友達ですが、友達だからこそ正義を貫くときがあります。

ハリー、ロン、ハーマイオニーが夜、規則に反して部屋を出ようとしたときに、それを引き留めたのがネビルです。

正義を貫き、友達にも立ち向かう、そんなネビルは勇敢でかっこいいですよね。

この時は、ハーマイオニーによって硬直させられてしまうのですけどね。

ベゾアール石という伏線

ネビルの勇敢さは比較的共感していただける方も多いのではないでしょうか。

それに対してこの話は、何周かハリー・ポッターシリーズを読んだことのある人でないと気付かないかもしれません。

「ベゾアール石」の話です。

…賢者の石に出てきた??という声も聞こえそうですが、きちんと出てきています。

ハリーが初めて魔法薬学の授業を受けたときの話。魔法薬学を教えるセブルス・スネイプ教授はハリーのことを憎んでいるようです。

授業でのハリーの態度が気に入らなかったスネイプ教授は、ハリーに問題を出します。

「ベゾアール石を見つけてこいと言われたら、どこを探すかね?」

ハリーにはわかりません。正解は、山羊の胃から取り出すようです。そしてこのベゾアール石、たいていの毒に対する解毒剤となります。

このベゾアール石は、ハリー・ポッターシリーズの中でまた出てきます。

そう思うと伏線なのかもしれません。ハリー・ポッターシリーズには、このように軽く出てきたものが今後重要な役割を担うケースも多いです。

親戚は、ハリーの伯母なのか叔母なのか

これは好き、というよりも余談なのですが、ペチュニアおばさんとハリーの母、リリーの関係について気になっていました。

ハードカバーで読んでいた頃、「ペチュニアおばさん」の表記は

つまりペチュニアとリリーの姉妹関係が逆転しているのです。

しかし、この文庫本では「ペチュニアおばさん」と書かれています。「伯母」でも「叔母」でもなく。関係を曖昧にしたんですかね。とはいいつつも、ペチュニアおばさんがリリーのことを「妹」と呼ぶシーンはあるので、曖昧にしていないのかもしれないですね。

この姉妹関係、翻訳時に勘違いしていたために起きたものだそうです。詳しくは「リリー ペチュニア どっち」などでググってみていただくと分かるかと思います^^

おわりに

読んでいただきありがとうございました。

冒頭で述べた通り、全巻に対して記事にしていくつもりですが、ハリー・ポッターシリーズに対する記事の更新頻度は状況を見て決めます。ひとまず週1ペースを検討しています。

皆さまはハリー・ポッターシリーズ好きですか?どの作品、どのシーンが好きですか?是非教えてください。

また、感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。 気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!