こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【使い方注意】「,」と「.」の違い

友達から「これ知っている人少ないよ~」と言われたので、まとめてみました。

ご存知の方はご存知かもしれませんが、今回は「,」と「.」の違いについてです。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住む、IT企業勤務の20代です。

「,」と「.」の違い

早速本題に参りましょう。これらの違いです。

「,」はカンマ、コンマ、数字の区切り

「,」は「カンマ」や「コンマ」と呼ばれ、数字の区切りなどで使われています。

数字を使う上で、「10,000円」は「いちまんえん」になります。

また、英語では文の途中で区切るときに使われますね。

The long, straight street is ...

みたいな!

「.」はドット、ピリオド、小数点

一方「.」は「ドット」や「ピリオド」と呼ばれ、数字の世界では小数点として使われます。

数字を使う上で、「10.000円」は「じゅってんぜろぜろぜろえん」になります。

また、英語では文末に使われますね。

I will be a doctor in the future.

みたいな!

「10,000円」と「10.000円」

先ほど数字を使う上で…と前置きしましたが、ここで「,」と「.」を間違えると大変なことになります。

「10,000円」は要するに一万円、「10.000円」は要するに10円です。雲泥の差ですね。

まさかこのような商売をする人はいないと思いますが、「このヨーグルト、100gあたり12,500円!!破格ですね!」という広告があったとしたら、それは100gあたり12.5(12てん5)円ではなく、100gあたり12500円となります。高いですね~。

末尾に0があると、12,500と12.500を見間違いにくいかもしれません。しかし、末尾に0がない場合、例えば「12,345円」などには注意が必要ですね。

おわりに

今回はとてもシンプルな記事になりました。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!