こばじの部屋

★日本で働くエンジニア★ブログの内容は個人の見解であり、会社を代表するものではありません★業務キーワード:ソフトウェア開発/CICD/アジャイル/クラウドネイティブ

【価値観】ネガティブ報告こそ感謝の気持ちを

仕事で後輩や部下が増えてきたことに伴い、思うようになったことがあります。

それがタイトルにもある「ネガティブ報告にこそ感謝の気持ちを持って接する」ということです。

そのことについてまとめてみました!

目次

はじめに

簡単な自己紹介

私はIT企業に勤める20代です。仕事の中ではリーダーやサブリーダーを担当することが多いです。

感謝の気持ちについて

仕事に限らずプライベートでも、何かに感謝するときってありますよね。皆さまはどのような時に感謝しますか?

私の場合、主に以下の時に感謝しています。

  1. 親切にしてくれたとき
  2. 結果うまくいかなかったとしても、気持ちを込めて何かをやってくれたとき
  3. ネガティブでも報告してくれたとき

親切にしてくれたとき

これは鉄板かもしれませんね。プレゼントをくれたり、親切にしてくれたときには感謝をしています。

f:id:koba_ji:20220119205954p:plain
親切にしてくれた時には感謝をしています。

結果うまくいかなかったとしても、気持ちを込めて何かをやってくれたとき

私の場合、結果こそうまくいかなくても、そのプロセスに感謝します。

例えば、すぐに入れるわけではないけれど、お風呂を沸かしておいてくれた時に感謝します。

結果としては、すぐに入るわけではないとしても、お風呂を沸かすというプロセスに感謝しているわけです。

ネガティブでも報告してくれたとき

この「ネガティブでも報告してくれたとき」、すなわち「ネガティブ報告」への感謝を特に忘れません。

詳細は次項目で説明します。

私が大切にしているネガティブ報告に対する感謝の気持ち

なぜ私がネガティブ報告に対して感謝するのか、説明してみます。

報告されないよりかはずっと良い

仕事をしていると、ネガティブな報告って色々ありますよね。

  • 誤ってデータを削除してしまった
  • スケジュール見積もりを誤って遅延が発生してしまう
  • お客様を怒らせてしまった

これら、報告される側からすれば「報告してくれ!」と思う一方で、報告する側からすれば「報告したくない」という気持ちがあるのではないでしょうか。

もちろん「社会人だからそれくらい報告して当たり前だ!!」という考えもあると思います。私はそれも正しいと思います。

ただ、報告する側からした「報告したくない」という気持ちも正しいと思います。

このようなとき、「報告したくないから隠ぺいする」という行動をする人も中にはいます。そうなると、それこそ困りますよね。

報告されないよりかはずっと良い、そんな想いがあり、私はネガティブ報告を受けたときに「報告してくれてありがとうございます」と伝えています。

怒らないの?

読んでいただいている方からすると、「怒らないの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

私は仕事で怒ることはありません(感情に任せて発言しないです、という意味です)。

確かに、ネガティブ報告を受けて怒りたくなってしまうことはあります。しかしそこで怒ってしまうと、次から報告のハードルが上がってしまいます。

ネガティブ報告に対する心理的安全性が損なわれて、報告者が病んでしまったら、それこそ困ることになります。

それを防ぐためにも、怒りません。

参考:アンガーマネジメント

怒りが収まらないこともあります。その場合私は6秒黙ることにしています。

以下に書かれているように、アンガーマネジメント(怒りを管理する方法)の中に、6秒数える方法があります。私には効果てきめんでした。

www.smbc-card.com

叱らないの?

怒りは感情に任せたものであるとして、リーダーとして叱ることはないの?と思われるかもしれません。

私の場合、叱るというよりも「リクエストする」ことが多いです。

まったく叱らないわけではないですが、それよりも「なぜこのようになったのか分析してほしい。そして次に起こさないために一緒に考えさせてほしい」と伝えることの方が多いです。

おわりに

読んでいただきありがとうございました。

皆さまは、どのようなときに感謝しているなぁと思いますか?是非コメントで教えてください。

また、感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!