こばじの部屋

★日本で働くエンジニア★ブログの内容は個人の見解であり、会社を代表するものではありません★業務キーワード:ソフトウェア開発/CICD/アジャイル/クラウドネイティブ

【文章力】綺麗な文章を書くために

文章力について思ったことがあるのでまとめてみました。

目次

はじめに

これは自戒を込めています。 仕事に限らずブログやTwitterなどで文を書いていて、自分の文章は綺麗ではないと思っています。

ただそれは置いといて、最近綺麗でない文を見かける機会が増えてしまいました。

YouTube動画の文は綺麗でない場合がある

最近のYouTube動画は親切ですね。字幕やテロップを入れてくれています。 しかしその字幕やテロップを見ていると、綺麗でない書き方なんですよね。 例えば、以下のような文が見受けられます。

  • 「目的は次の仕事に繋げることが目的です。」
  • 「新幹線は自動車よりも早い。」

これ、違和感ありませんか? 以下が正しいはずです。

  • 「目的は次の仕事に繋げることが目的です。」
    ⇒「目的は次の仕事に繋げることです。」または「次の仕事に繋げることが目的です。」
  • 「新幹線は自動車よりも早い。」
    ⇒「新幹線は自動車よりも速い。」

前者については、「目的は目的です。」と言っているようなもの。小泉構文みたいですね。 後者については、「速い」はスピードを表すもの(英語だとfast)、「早い」は時間を表すもの(英語だとearly)です。

YouTubeの動画にも綺麗な文が使われているものはたくさんあります。 例えば、私はYouTubeをあまり見ないのですが、それでも「マコなり社長」や、「ひろゆき」さんの切り抜き動画から見受けられるひろゆきさんの文言、そして私が尊敬してやまない「鈴木ゆゆうた」さんはとても綺麗だと思います(「どの口が言うんだ?」「言葉遣いは?」というのは置いといて)。

書籍は綺麗

一方、これを対照として挙げるのがふさわしいかわかりませんが、書籍の表現は比較的綺麗だと思います。 なぜ書籍は綺麗なのでしょうか?

YouTubeと書籍の違い

ズバリ、綺麗かどうかの観点でレビューされているか(チェックされているか)だと思います。 もちろんYouTubeの動画もレビューはされていると思いますが、そのレビューの質は、書籍には到底適わないでしょう。

書籍の場合は、ベテランの編集者によるレビュー入るはずです。よく「校正」と言われるものですよね。 ベテランでないと綺麗かどうかの観点でレビューできない、というわけではないですが、レビューの質は、YouTubeとは段違いだと思います。

現状何が悪いのか

私が老婆心ながら気にしているのは、現在の子ども世代が、上述の違和感を覚えなくなってしまうことです。 現在10代の8割近く、8割以上がYouTubeを利用しているとのデータもあります(Yahoo!ニュースより)。 その子どもたちの中で、日頃のインプットに疑いを持つ子どもは多くないでしょう。

そういう子どもたちがある程度大人になった時、「昨日楽しかったことは、友達とイオンモールに行ったことが楽しかったです」のような表現をしてしまわないかを気にしています。小学生なら可愛いですが、大人だと心配です。

綺麗な文を書くために

これは、綺麗な文を読み続けることだと思います。 私は仕事柄プログラミングをすることがあります。その時周囲からよく言われるのは「美しいソースコード(プログラム)を見ましょう」ということです。 また、趣味で吹奏楽をやっています。その時ずっと言われ続けて、かつ思い続けているのは「綺麗な音を出すために、綺麗な音を聞け」ということです。 綺麗なものを見ていれば感性が磨かれる、とはよく言われるものです。 それと同じように、綺麗な文を書くためには、綺麗な文を読み続けることが大切だと思います。

おわりに

これだけ偉そうに書いていますが、私は私の文を綺麗だとはまだ思っていません。そして「綺麗ではない」という認識は正しいと思います。 想定する読者が自分のみになっている、自分向けの記事だからですかね(今は自分向けの記事を書いているため、想定する読者は自分のみです)。 ここを変えて、誰か向けの記事にできれば、良くなるのかもしれないですね。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!