こばじの部屋

★日本で働くエンジニア★ブログの内容は個人の見解であり、会社を代表するものではありません★業務キーワード:ソフトウェア開発/CICD/アジャイル/クラウドネイティブ

【考え方】実は、トーナメント1位が最強とは限らない!?

ふと思ったことをまとめてみました。

目次

はじめに

簡単な自己紹介

IT企業に勤める20代です。

学生時代は理系で過ごしてきました。

結論

この記事の結論は「最強って存在しないことが多い」というものです。

以降でそれを説明していきます。

トーナメント1位が最強にならない場合がある

いきなりですが本題です。皆さまもよくご存知のトーナメント。

実はトーナメントで1位になった人が最強とは限らない場合があります。

どういう場合に1位が最強になって、どういう場合に1位が最強にならない(ことがある)のか書いてみます。

1位が最強になる場合

簡単に言うと、「相性が関係なく強さが決まっている場合」です。

例えばビーチ・フラッグスなどですね。

もう少し具体化してみましょう。以下4人によるビーチ・フラッグストーナメントを実施します。

名前 ビーチ・フラッグスタイム
ヒロスケさん 3.06
ミサコさん 3.04
シンスケさん 2.95
ヒマリさん 3.12

この場合、1番速いのはシンスケさんですね。そのため、以下どの組み合わせでトーナメントを実施しても、シンスケさんが優勝すると考えられます。

f:id:koba_ji:20220112134905p:plain
どの組み合わせでもシンスケが優勝する

つまり、1位が最強になります。

厳密には相性があったり、当日不調だったりで1位を取ったが最強ではなかったという可能性もあります。が、ここではそれは些細なものとして無視します。

1位が最強にならない(ことがある)場合

では本題にある、1位が最強にならない(ことがある)場合を考えてみましょう。

簡単に言うと、「相性に左右されて強さが変わる場合」です。

1番わかりやすい例が「じゃんけん」です。じゃんけんはグー・チョキ・パーの3個しかないので、3個でトーナメントをします。

この場合、以下のように組み合わせによって1位が変わります。

f:id:koba_ji:20220112135950p:plain
組み合わせによって1位は変わる

このように、相性によって1位が変わるため、トーナメント1位が最強とは限らないのです。

実生活ではどういうときに関係する?

ここまで書いてみましたが、この考えが実生活で役立つの?という疑問があるかもしれません。

それについて説明していきます。

騙されない

まずは「騙されない」ということです。何か商品を勧められたとき、比較したうえで「この商品が1位です!」というパターンがあります。

しかし、比較しきれていない場合もあります。というかその場合がほとんどだと思います。

そのことを理解したうえで商品比較に臨むと、騙されるリスクが低下するのではないでしょうか。

ポケモンの奥が深くなる

これは実生活?という気もしますが、私がポケモン好き(ただし第四世代まで)なので、ポケモンを例に挙げます。

第四世代までのポケモンにピンと来ない方、申し訳ございません。

どのポケモンが最強だと思いますか?

ミュウツーアルセウス?正解は、いないになります。

ポケモンの強さを決める要素がたくさんあるためです。

ぱっと思いつくだけでも以下の要素があります。

  • HP
  • こうげき
  • ぼうぎょ
  • とくこう
  • とくぼう
  • すばやさ
  • タイプ
  • おぼえるわざ
  • とくせい

これらすべての要素において最強になるポケモンはいません。

また、HP「ハピナス」が最強、こうげきは「ラムパルド」が最強、ぼうぎょは「ツボツボ」が最強、とくこうは「ミュウツー」が最強、とくぼうは「ツボツボ」が最強、すばやさは「テッカニン」が最強、のように、各能力値であれば1位が最強となりますが、「タイプ」や「おぼえるわざ」、「とくせい」は相性にもよりますよね()。

だからこそ最強は決められないのです。
だからこそポケモンは面白いのです。

おわりに

読んでいただきありがとうございました。

感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!