こばじの部屋

20代/日本企業のITエンジニア/ハリポタ/吹奏楽/読書

【ハリポタ】(ネタバレなし)好きなところ

特別お題「わたしの推し

わたしの推し、わたしのスター。
今回は私の好きな本・映画のハリー・ポッターシリーズを取り上げます。


目次

はじめに

ネタバレは含みませんが…

本記事は、「XXが戦いに勝つ」「ハリーの将来」など、中核部分のネタバレを記載しておりませんので、ハリポタ初心者の方もご安心ください。

ただ、以下を含んでいるため、ご注意ください。

  • 基本情報(何巻まであるか、それぞれの名前)
  • ネタバレを含むコメントをいただく可能性

ハリー・ポッターシリーズの簡単な情報

ご存知の方も多いかもしれませんが、簡単にハリー・ポッターシリーズについておさらいしておきました。

全部で何作品あるの?

本は第7巻まで、映画は8作品あります。
それぞれタイトル(日本語名)は以下の通りです。

  1. ハリー・ポッターと賢者の石
  2. ハリー・ポッターと秘密の部屋
  3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  4. ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  5. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  6. ハリー・ポッターと謎のプリンス
  7. ハリー・ポッターと死の秘宝(映画のみPART1/PART2の二部作です)

これらとは別に、ファンタスティック・ビースト、呪いの子などがありますが、ここではそれを含みません。

ハリー・ポッターシリーズが大好き

ブログのタイトルにもあるとおり、私はハリー・ポッターシリーズが大好きです。 本はハードカバー、文庫本いずれもコンプリートしているのは当たり前のレベル、かつ、20周以上読んでいます。

f:id:koba_ji:20211231175500j:plain
文庫本たち

他にも、解説本やお土産品など多く持っています。

f:id:koba_ji:20211231175419j:plain
ハード版とその他のもの

また、映画ももちろん全作揃えています。

ハリー・ポッターのこんなところが好き

ここまでで、ハリー・ポッターシリーズが大好きだとお伝えしました。

ここからは、どんなところが好きなのか紹介していきます。

世界観

まずはなんといっても魔法の世界観が好きです。

ハリー・ポッターシリーズでは、魔法界と非魔法界が分離されています。

そのため、私たち非魔法界の人たちが知らないところで、実は魔法界があるかもしれないのです。

なお、魔法界と非魔法界は、分離されているとはいえ、若干の交流があります。

たとえばこんな感じ。

  • 魔法族が非魔法族(マグルと呼ばれています)と結婚すると、マグルは魔法界のことを知ることになる
  • 魔法界の大きなイベント開催時には、マグルのバイトを雇っている
  • 魔法界の新聞では、マグルたちが決闘時に「銃」というものを使うことが解説されている
  • 魔法界の生き物の中には、マグルたちには見えないものがあるが、それを感じることはできる

毎回新たな気づきがある

本を20周以上読んだと記載しましたが、それでも読むたびに新たな発見があります。それがハリー・ポッターシリーズを読み続ける、見続ける理由です。

そういった楽しみがあるからこそ、ハリー・ポッターシリーズが好きです。

本派?映画派?

さて、ハリー・ポッターシリーズ好きの方がよく聞かれる質問に「本と映画どっちが好き?」というものがあります。

私は本派です(映画派を否定するつもりは全くございません)。

理由は、「本の方がボリューミーだから」「映像を自由に作れるから」というものです。

おわりに

読んでいただきありがとうございました。

皆さま、ハリー・ポッターは好きですか?本派ですか?映画派ですか?よかったら理由も一緒にコメントで教えてください^^ 感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントお待ちしております。 気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!